犬の鼻血は危険!放っておいてはいけない「犬の鼻血」について

愛犬を飼っているような方でも、あまり見ることはないかもしれませんが、犬が鼻血を出すことがあります。人と同じように鼻から血を出し、実は犬の鼻血は大変危険で、命に関わることもあります。

犬の五感の中で最も重要な「嗅覚」

犬が鼻血を出すのは、主に腫瘍による場合が多いです。血液の病気や感染症の危険もありますが、鼻の中に腫瘍が出来ている場合もあります。鼻を強打して血を流すこともありますが、怪我をしていないならば、病気や腫瘍が原因の可能性があります。
犬にとってはもっとも重要な感覚器官は嗅覚です。鼻から血を出すということは嗅覚に影響を与える可能性もあり得るのです

鼻血が原因で鼻が利かなくなる場合も

犬は目が見えなくなったり、耳が聞こえなくなったりしても、命には影響はありませんが、嗅覚は別です。嗅覚を使って周囲の情報を得ることが多く、人よりも優れた器官なので、日常でも多く使う部分です。
鼻血が原因で嗅覚の機能が衰えてくることもあり、それは犬に大変ストレスを与えます。周囲の状況を把握しにくくなり、場合によっては食欲がなくなるなどして病気を誘発し、重篤な症状に繋がる場合もあるのです。

もしも鼻血を出してしまったら

犬が鼻血を出した場合、人のようにティッシュなどを詰めて止血すると窒息の危険があります。軽度の出欠ならば安静にしていれば止血しますが、血の量が多く止まらないならば病院に連れて行きましょう。すぐに精密検査をしてもらい、何が原因で血が出ているのかを突き止めます。そしてその後医師の指示に従いましょう。軽度の場合でも出血が続くようであれば病院へ連れて行きましょう。

人と違い犬の鼻血は重篤な症状に繋がる危険性があります。
嗅覚を発達させている犬にとって、嗅覚が効かない事それ自体が大変なストレスとなり、致命傷にもなりかねません。まずは血が止まるのを待ち、速やかに病院に行き獣医師の診察を受けるようにしましょう。