ペットと過ごすはじめての夏♪暑さ対策は大丈夫?身近な物で作れるひんやりグッズ

近年の日本の夏はとにかく暑い!場所によっては気温30℃を超える真夏日を記録している地域も既にありますが、暑い日は犬にとっても体力的に負担が大きくなります。可能な限り暑さ対策をして涼しく過ごせるようにしてあげましょう。

外で飼っているワンちゃんの為の暑さ対策

犬小屋などの場所を日陰にしてあげて、通気性を良くしてあげましょう。出来れば犬の過ごすエリアも日陰にすると良いです。暑い日は水を沢山飲みますので、大きめの容器や複数の容器にたっぷりと水を与えましょう。唾液で汚れるので、取り替えていつも綺麗な水にしてあげることも大切です。

タライや簡易プールなど大きめのものに水を入れておくのも良いです。水遊びが好きな犬なら、中で使ったり水かきして遊んで、暑さ対策になります。

室内で飼っているワンちゃんの為の暑さ対策

室内で飼っているような場合は、いくら涼しくするからといっても冷房の効かせすぎは犬に良くありません。外気との温度変化に対応できずに、体調を崩す犬もいます。直接冷房の風が当たらないようにしてあげましょう。

アイスジェルマットやアルミプレートなどを置いてあげて、これで冷やせるようにします。本来犬は暑いと地面を掘って土でお腹を冷やしますので、これらが土の代わりとなるのです。

ちょっとの工夫で出来るひんやりグッズ

身近なものでペットボトルを使い水を入れて凍らせて、タオルなどの下に入れて枕にしてあげると、アイスノンのような役割を果たします。また凍らせたペットボトルに扇風機などで風を当てると涼しい風を発生させます。ケーキなどを冷やす小さな保冷剤も、部分的に冷やすのに良いです。

ペット用ウェアは、暑いときは軽く濡らして着せると、気化熱で涼しくなります。散歩の時などにも使える冷却方法です。

夏場は出来るだけ色々と工夫して犬が暑さで体調を崩さないように工夫してあげましょう。ただ逆に体を冷やしすぎるとそれも良くないので、冷やしすぎにも注意です。また暑い日はのども渇きますので、水を多く用意して十分に水分補給出来るようにしましょう。