うちの子はお水を全然飲まない…猫にお水を飲ませる方法

水を飲むのは猫の健康にとって重要ですが、こちらの思うように飲んでくれないこともあります。無理矢理水を飲ませるわけにもいきませんので、どうすれば自然と飲んでくれるようになるでしょうか?

猫がお水を飲まないと病気になりやすくなる!

猫はもともと砂漠に住んでいたリビアヤマネコが先祖であり、ある程度は水を飲まなくても大丈夫なようにできています。あまりにも飲む量が多すぎるのも問題ですが、しかし逆に飲む量が少なくても、やはり健康には影響を与えます。
尿の排出や血液の循環に関係しますので、慢性腎不全になったり尿石ができやすくなったりということがあります。必要な水の量は体重1kgで1日60ml程度が目安であり、3kgの猫なら180~190ml程度が目安です。

どうしたら飲んでくれる?

自然に飲ませる方法としては、キャットフードに水を染みこませて、餌を食べるのと同時に水分補給もさせる、お湯を沸かして冷ましてから与えるという方法があります。キャットフードに染みこませれば、ある程度の補給はできるでしょう。場合によってはカルキ臭がして飲みたくないということがあるので、お湯を沸かして冷ましてから与える、ミネラルウォーターを与えるという方法もあります。

色々試して飲みやすい方法を見つけてあげて!

猫が飲みやすくするためには

  • いろいろな場所にあちこちと容器を置いてみる
  • 猫の目の前に容器を置いてみる
  • 容器の大きさや色などを変えてみて、興味を持たせる

などの方法があります。

是非ともいろいろと試してみて、飲みやすい方法を考えてあげましょう。のどが渇けば勝手に飲むようになるだろうと考えることもありますが、猫の場合はそうはいきません。飲まないといつまでの飲まないので大変です。

まとめ

猫には餌を与えれば食べますが、水の場合はそうはいきません。いろいろと方法を試してみて、飲みやすいように工夫してあげましょう。健康のためにも、必要な量は無理にでも飲ませるようにした方が良いでしょう。