安心のためにペットにつけてもらいたい迷子対策グッズ

ペットを飼っている方であれば、誰もが一度は「もし迷子になってしまったらどうしよう……」と思ったことがあるのではないでしょうか。または実際にペットが迷子になってしまったという経験をお持ちの方もいるでしょう。今回は、安心できる「迷子対策グッズ」についてご紹介していきます。

定番アイテム

1つ目は、迷子札です。もはや定番のアイテムと言っても過言ではありませんよね。首輪などに連絡先を記載した札を付けておくことで、もし迷子になっても見つけた人が連絡してくれるわけです。また、最近ではデザイン、カラーバリエーションも豊富になってきています。

GPSつき首輪も便利

定番の迷子札は、迷子のペットを誰かが見つけてくれれば有効ですが、誰の目にも触れない場所に行ってしまった場合は意味がありません。しかし、そのようなケースにも対応できるのが「GPSつき首輪」です。その名の通り、首輪にGPSが付いているため、ペットの現在位置をすぐに調べることができるのです。

ただ、このGPSつき首輪にもいくつか種類があります。発信機から直接電波を発信するタイプのものや、携帯電話の電波を利用するタイプのものなどがありますので、ご自分に合ったものを選んでみてください。

ちなみに、オリジナル電波式のものは「利用料が無料」ですが、電波の到達範囲は携帯電話の電波式よりも狭い傾向にあります。逆に、携帯電話の電波式は、利用料が必要ですが、電波の到達範囲は広い傾向にあります。

忘れもの対策グッズを応用する

忘れもの対策グッズをうまく応用すれば、ペットの迷子を対策することができます。フランス発の忘れもの対策グッズ「Wistiki」は、カード型やメダル型のアクセサリーとスマホアプリが連動しており、アクセサリーが自分の手元から離れたとき(紛失時)にスマホアプリで教えてくれるのです。つまり、そのアクセサリーをペットに付けておけば、離れてしまったときにスマホアプリが教えてくれるということです。

以上が主な対策グッズのご紹介でした。ペットとはぐれてしまってからでは遅いので、ぜひこの機会に対策グッズをペットの身に付けてあげてはいかがでしょうか。