秋の味覚であるブドウは犬にはNG!?ブドウを食べるとこんな症状が!!!

秋の味覚であるブドウが美味しい季節になってきました。
愛犬にも一口おすそ分け…は絶対ダメです!!

犬に玉ねぎやチョコレートはNGという事は有名ですよね。
しかし、その危険な食べ物と同じぐらいブドウは犬に与えてはいけないもののひとつです。

犬にブドウはダメ!?

ころ介ちゃん

犬がブドウを食べたことで、中毒症状がおこると注目されはじめたのは、2000年頃と言われています。
そのため、まだブドウの危険性を知らない飼い主さんが多いのです。
犬がブドウを食べると中毒症状がでるだけでなく、急性腎不全を引き起こし最悪亡くなってしまうこともあります。

ブドウに含まれているどの成分によって中毒症状がおこるのか、まだ判明してはいません。
ただ、ブドウの皮に中毒成分が含まれているのではないかと仮説がたてられてはいます。
しかし、ブドウジュースやブドウゼリーを誤って食べてしまい、中毒症状をおこした犬もいるため、ブドウ関連の食べ物には十分に気を付けましょう。

犬がブドウを食べるとどうなるの?

犬がブドウを食べると、数時間で中毒症状がおこり、食べた量によっては腎臓が正常に働かなくなる急性腎不全を発症します。

元々内蔵や腎臓に病気を抱えている犬の場合は特に危険です。

中毒症状の例
嘔吐
下痢
元気がなくなる
ふらふらと歩き、無気力になる
腹痛によりプレイバウのような姿勢をとることがある

急性腎不全症状の例
嘔吐
意識がもうろうとする
パンティング(ハァハァという浅く速い呼吸)
おしっこをしない、又はおしっこの量が極端に少ない
食欲不振
腹痛のためプレイバウのような姿勢やうずくまるような姿勢を繰り返す

どれぐらい食べると中毒症状がでるの?

愛犬が食べてはいけないものを食べてしまったとき、1番気になるのは致死量ではないでしょうか?
1粒だから大丈夫かな?
まだ元気だけど、動物病院に行くべき?
症状が出てから動物病院に行けばいいのかな?
など考える飼い主さんが多いと思います。

体重別に中毒症状がでる可能性のブドウ摂取量をご紹介します。

中毒の症状がでる可能性のある量

小型犬の場合
(チワワ・トイプードル・ポメラニアン・ダックスフンド)
巨峰 1粒
デラウエア 5粒

中型犬の場合
(柴犬・フレンチブルドッグ・ビーグル・キャバリア)
巨峰 2粒
デラウエア 12粒

大型犬の場合
(ゴールデンレトリーバー・ラブラドールレトリーバー・シベリアンハスキー・秋田犬)
巨峰 4粒
デラウエア 30粒

犬がブドウを食べてしまった

犬にあげるつもりはなかったのに…
・テーブルの上にブドウを置いていたら食べてしまった。
・飼い主が食べていたらブドウを1粒落としてしまい、愛犬が食べてしまった。
などということもあります。

では、実際に愛犬がブドウを食べてしまった時はどのように対処するべきでしょうか?

ブドウを食べてから中毒の症状がでるまでおおよそ2~3時間と言われています。
その間に動物病院へ電話をして、動物病院へ向かいましょう。

ブドウを食べて数分の間に気が付くことができれば催吐処置(食べた物を吐かせる処置)を行うことがあります。
食べた時間が分からない場合は、催吐処置(食べた物を吐かせる処置)ではない処置をすることになりますので、動物病院の先生に相談しましょう。

まとめ

「秋の味覚であるブドウは犬にはNG!?ブドウを食べるとこんな症状が!!!」はいかがでしたか?

飼い主さんが気付かない間にブドウを食べてしまい、中毒の症状が出て動物病院に駆け込む場合も少なくありません。
秋の味覚を愛犬にも味わせてあげたいという気持ちはとても分かりますが、ブドウは愛犬の健康のためにもあげないように気を付けましょう。

著者:miki.m