暑い時期にはそうめんが美味しい♪犬ってそうめんを食べても大丈夫?

残暑が続き、既に夏バテ気味になってしまっている人も多いのはないでしょうか?

そんな時に、さっぱりとしたそうめんは美味しいですよね。
家族みんなで食べていると突き刺さる愛犬の視線…。

少しぐらいなら良いかな?
とあげている家庭も多いのではないでしょうか?

犬はそうめんを食べても大丈夫?

基本は、犬がそうめんを食べても大丈夫です。
その理由は、そうめんの原材料が小麦粉、塩、水で出来ているからです。
全て犬が口にしたことがある食べ物で出来ているのです。

フードや愛犬用クッキーにも小麦粉は含まれています。
塩はあげたことがない。
と感じる人もいるかと思いますが、人に塩分が必要なように犬にも塩分が必要でドッグフードの中にも含まれているのです。
そうめんの塩分は茹でて、水にさらせば薄くなるため塩分過多になる心配はありません。

夏バテ予防にトッピング

ひんやりしていて食べやすいそうめんは、愛犬も大好きな食材のひとつです。
夏バテ予防場合には、フードにトッピングをしてあげても良いでしょう。

夏バテになってしまっている場合は、茹でたトウモロコシやきゅうり、鶏肉や豚肉をトッピングしてあげても良いですね。
夏バテ中は、暑さとだるさが続きフードを食べない事が多く、栄養失調状態になってしまいます。
そうめんと一緒に様々なお野菜をあげて、栄養を少しずつ補給させることが大切です。

愛犬に与えても良い量

3kg…15g~20g
5kg…25g~30g
10kg…30g~40g
15kg…45g~55g
20kg…60g~80g

上記はあくまでも目安の量になります。

初めて愛犬に与える場合は、この表記の半分ぐらいをおすすめします。
食べた次の日のうんちを必ず確認してくださいね。

愛犬に与える時の注意点

最近、毎日暑いから…
とあげすぎてしまうのは要注意です。

めんつゆや薬味はあげないようにしましょう。
薬味として定番のネギを与えてしまうと、体の細胞を破壊してしまう為血便や嘔吐をしてしまいます。
めんつゆは犬にとっては塩分が多すぎて、塩分過多になり腎臓に負担をかけしまいます。

そうめんは、想像以上にカロリーが多い為、あげすぎてしまうと肥満の原因にもなります。

まとめ

犬は、そうめんを食べても基本は大丈夫です。
しかしそうめんには、栄養素は特にありませんが、夏バテ気味や夏バテ予防として与えるにはおすすめの食材です。