子犬・成犬・老犬用ドッグフード、その違いとは?

「このドッグフード、本当に合っているのかな…?」そう不安になったことはありませんか?実は、子犬・成犬・老犬では、必要となる栄養の量やカロリーが異なるのです。そこで今回は、それぞれに合うドッグフードについて、詳しくご紹介していきます。

大きな違いはカロリー

成犬よりも子犬の方が、食べる量が少ないことは言うまでもありませんよね。そのため、子犬用のドッグフードは「少ない量でも栄養を摂取できること」を目的に作られている傾向にあるのです。つまり、カロリーが高いということです。そのため、成犬に子犬用のフードを与えてしまうと、カロリーの過剰摂取となり、太ってしまう可能性があるため、おすすめできません。
逆に、子犬に成犬用のフードを与えると、栄養不足となってしまう可能性がありますので、注意しましょう。

ダイエット中の成犬にシニア用フードを与える手もある

また、フードの中には「シニア用」も存在します。その名の通り、老犬に与えるのが一般的なのですが、場合によってはダイエット中の成犬に与えても問題ありません。アダルト用のフードよりも、シニア用フードの方が低カロリーのため、ダイエットの際に効果的だからです。
また、運動量の少ない犬などにも、シニア用フードはおすすめと言えるでしょう。過剰なカロリー摂取は太る原因となってしまいますので、日々の健康状態を見極めながら、適したフードを選ぶようにしてください。

それぞれにマッチしたフードを選びましょう

犬は、ちょっとした食事の変化で体重が増えたり減ったりしてしまう、繊細な生き物です。だからこそ、飼い主がしっかりと体調管理をしなければなりません。当然、選ぶフードによっては体調が崩れてしまう可能性もありますので、日々の健康状態を見極めて、適切な栄養を摂取できるようにしましょう。

今回ご紹介したポイントに注意して、健康状態を見極めながら、適切なフードを与えるように意識してみてください。長生きしてもらうためにも、日々の食生活は非常に大切です。人間と同様、「食事」によって大きく健康状態が変化しますので、ぜひこの機会にフードを見直してみてはいかがでしょうか。