ペットの毛並みが良くなる食事と毎日のケア方法

愛犬などの毛並みは、やはり美しく艶がある方が良いでしょう。ペットを飼うなら日頃からブラッシングなどのケアをするなどのことももちろん大切です。それと同時に毎日の食事も大切であり、艶を出せるように栄養不足にならないようにさせると良いです。

毛並みを良くする成分

まず重要な成分としてはタンパク質があり、毛を作るほかに、内蔵や皮膚も健康にしますので、犬にとってもとても重要な栄養素です。ドッグフードとしては高品質なタンパク質を使っているものを与えましょう。タンパク質が不足すると毛艶が無くなってきます。

もう1つ重要な栄養素としては脂質があり、不足すると毛艶が悪くなり、毛並みも悪くなります。ただカロリーの高い栄養素なので、摂りすぎは肥満になりますので、良質な脂質を摂取するのです。

ドッグフードや食事を選ぶ時チェックすること

上記の栄養素の他にも、ミネラルや亜鉛、ビタミンも毛並みや艶に重要であり、皮膚にも重要な栄養素です。ただどれか1つの栄養素を重点的に与えれば良いというわけではなく、それぞれの栄養がバランス良く配合されているドッグフードを食事として与えましょう。毛艶が悪いならばドッグフードを変えてみるか、野菜などを塩や砂糖を使わず、そのまま茹でて食べやすくして与えてみると良いです。

ブラッシングやマッサージをしてあげる

日々のブラッシングもとても重要であり、毛が絡まないようにするほかに、ノミやダニのチェックも出来ます。愛犬にあったブラシを使って行なうと良く、マッサージ効果のあるブラシを使うとさらに良いです。マッサージすると、皮膚を刺激して血行を促進しますので、毛まで栄養を届かせやすくして、毛並みや艶を良くするのに効果的です。

毛並みや艶のことを考えるならば、日頃のドッグフードなどの栄養を見直してみましょう。足りない栄養素は野菜やサプリメントで補っても構いません。またそれと同時に、日頃からブラッシングもしてあげましょう。