犬はヨーグルトを食べても大丈夫?愛犬にヨーグルトをあげて腸内環境を整えよう

整腸効果があると言われる、健康食品のヨーグルトは愛犬も食べても大丈夫です。
実際に喜んで食べているわんちゃんも多いのではないでしょうか?

ヨーグルトは、どれぐらいあげていいの?
ヨーグルトの栄養素は?

そんな疑問に答えつつ、ヨーグルトを愛犬に与えるメリットをご紹介したいと思います。

愛犬にヨーグルトをあげよう

発酵食品のヨーグルトは、愛犬に与えることで腸内環境の改善ができます。

下痢気味の子(犬)や便秘気味の子(犬)にもおすすめで、子犬から老犬まで食べることができます。
また、カルシウムやカリウムなども豊富に含まれているため、骨の強化や免疫力アップにも期待ができるパーフェクト食材です。

ヨーグルトを食べて腸内環境を整えよう

ヨーグルトは、発酵食品ですので沢山の乳酸菌が含まれています。
ヨーグルトの乳酸菌は、生きたまま腸内まで届くことはないのですが、腸内にいる善玉菌を活性化させる働きがあります。
善玉菌の活性化や増加により、便秘や下痢の予防だけでなく、免疫力アップにも期待できます。

ヨーグルトには、利尿作用のあるカリウムも含まれているため、水分とカリウムをとることで、脱水予防にもなります。
また、沢山おしっこをすることにより、結石予防にもつながります。

犬にとっても必要な栄養素、カルシウムが不足してしまうと骨折をしやすくなってしまったり、血液中のカルシウム濃度が下がるとホルモン系の疾患に繋がることもありますので、カルシウムを摂取することは、非常に重要です。
骨や歯の強化だけでなく、血液濃度のカルシウムをキープするためにも、役立ってくれる食材なのです。

牛乳はNG!ヨーグルトがOKと言われる理由は?

牛乳をあげるとお腹が緩くなることがあるため、犬に牛乳はあげてはいけない…。
ということを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

牛乳には「乳糖」という成分が含まれています。
犬には、乳糖を分解できないと言われており、下痢を引き起こす原因となる可能性があるため、犬に牛乳は推奨されません。
(中には、牛乳を飲んでも下痢をしない犬もいます。)

ヨーグルトは、発酵過程で「乳糖」が分解されているため、下痢を引き起こす可能性は低い食材と言われています。

愛犬に与えても良い量

3kg…小さじ1杯
5kg…大さじ1杯
10kg…大さじ2杯
15kg…大さじ3杯

上記はあくまでも目安の量になります。

初めて愛犬に与える場合は、この表記の半分ぐらいをおすすめします。
食べた次の日のうんちを必ず確認してくださいね。

期待がもてる効果

・便秘予防
・免疫力向上
・ホルモン系疾患予防
・結石予防

愛犬に与える時の注意点

ヨーグルトを愛犬にあげる時は、冷蔵庫から出してすぐではなく2~3分経ってからあげましょう。
冷蔵庫からだしてすぐのヨーグルトを愛犬にあげると、お腹が冷えてうんちが緩くなってしまうことがあります。

体に良いからと沢山あげすぎると、今まではアレルギー症状が出なかったのに急に症状が出てしまうこともあります。

まとめ

「犬はヨーグルトを食べても大丈夫?愛犬にヨーグルトをあげて腸内環境を整えよう」はいかがでしたか?

季節の変わり目など、人も犬も体調不良を起こしやすい時期にあげるとより良いと思います。
愛犬のごはん(フード)にぜひ、トッピングしてあげてくださいね。

著者:miki.m