夏場のシャワーは何度ぐらいが最適?犬のシャンプーを気持ちよくするには?

人がシャワーを浴びると夏は低めの温度で、冬は高めの温度と、季節によって気持ちよいと感じる温度があります。犬も同じように夏場でも気持ちよいと感じるシャワーの温度があるのです。

ワンちゃんが気持ち良いと感じる温度

ワンちゃんにシャワーを行なうときの温度は、37~38度ぐらいが最適と言われています。人からすると少しぬるいと感じるぐらいの温度です。
しかし犬は毛に覆われているので、熱いシャワーは体温を上げてしまい体力を奪ってしまいます。逆に水が冷たすぎると、今度は体温を奪い、風邪を引かせる原因となりますので、人がぬるいと感じるぐらいがちょうど良いのです。
最高気温が30℃を超えるような真夏日であれば、もう2~3度温度を下げて、すこしぬるめの水くらいのシャワーをしてあげるとワンちゃんも心地よく感じられるでしょう。

シャンプーをする順番

シャンプーは、まずは行なう前にワンちゃんの体全体を水で濡らしてあげます。全身を濡らして毛穴を開いて汚れが落ちやすいようにしましょう。次にシャンプーを軽く泡立てて、お尻から順に洗っていきます。
足の指の間は汚れやすいので念入りに行ない、頭や顔を洗うときは目にシャンプーが入らないように気をつけます。皮膚を傷つけないように、指の腹を使って優しくマッサージするように洗います。
シャワーですすいであげるときは、今度は頭から行ない最後にお尻へとシャワーで洗い流します。シャンプーが残らないように念入りにすすいであげましょう。最後に体をタオルで拭いて乾かしてあげます。

しっかり乾かして気持ちよくしてあげましょう!

シャンプーしてシャワーですすいだ後は、必ずタオルでやさしく拭いてあげてください。
全身を拭いたらドライヤーで毛を乾かしてあげます。ドライヤーを使うときは、熱風でワンちゃんがやけどをしないように、当て方や風量に注意しながら乾かすようにしましょう。

犬のお手入れにはシャワーを使うこともよくあります。
毛に覆われている犬の皮膚はデリケートなので、シャンプーや洗ったあとのタオルやドライヤーでの乾燥など、刺激が強くならないよう優しくケアしてあげてくださいね!