犬はなぜシャンプーが嫌いなの?愛犬がシャンプーを嫌がる6つの理由

犬はなぜシャンプーが嫌いなの?愛犬がシャンプーを嫌がる6つの理由

トリミングサロンにお願いしている、という家庭もあれば自宅でシャンプーをしているという家庭もあると思います。
愛犬をシャンプーしようとすると、必死で逃げ回って辛そう…
といいわんちゃんと暮らしている方も多いのではないでしょうか。

では、なぜ愛犬はこんなにもシャンプーを嫌って逃げ回るのでしょうか?
愛犬にとってお風呂やシャンプーが気持ちいいって感情はないのかな?
とも感じますよね。

今回は、愛犬がシャンプーに嫌がる理由はなぜ?嫌いな理由を徹底解説しようと思います。

シャンプーが嫌いな理由は?

・シャンプーのニオイが嫌い
・自分のニオイが流されてしまう
・水が怖い
・鼻や口に水が入った経験があって苦しかったから嫌い
・飼い主さんが怖い
(シャンプーするときにジタバタするとそれを見て飼い主さんがバタバタしたい!と怒ると余計にシャンプーが怖くなってしまいます)
・シャワーの温度が熱い

などなど、愛犬によって理由は様々です。

シャンプーのニオイが嫌い&自分のニオイが流されてしまう

シャンプーをした後に、バスタオルや自分のベッドに体をこすりつけているような仕草をする場合、シャンプーのニオイが嫌いか、自分のニオイが流されてしまい、不満を感じていると考えられます。

犬は鼻がいいので、人にとっては丁度いいシャンプーの香りだとしても、犬にとっては不愉快に感じることもあります。
自分のニオイを取り戻そうとして、ベッドにスリスリしているのかもしれません。
シャンプーをする場合は、シャンプーを少し薄めて愛犬のニオイが落ちすぎないように洗ってあげるといいかもしれませんね。

水が怖い

元々、水が苦手な犬種もいますし、ラブラドールレトリーバーなどの泳ぎが得意な水が好きな犬種だとしても、無理やり濡らされるのは嫌!というケースもあるのです。

水が嫌いな子の場合は、シャワーヘッドを体に密着させて流してあげてください。
水がまわりに飛びにくくなるので、水が嫌いな子でもおとなしくなることがあります。
トリマーさんが犬を洗うときには、シャワーヘッドを体に密着させて洗っています。

鼻や口に水が入ってしまった経験から嫌い

飼い主さんもシャンプーに不慣れで、愛犬も暴れてしまい…鼻や口にお湯が入ってしまいゲホゲホとむせさせてしまった経験はありませんか?

私たちもそうですが、鼻に水が入ると痛いですし、苦しいですよね。
そんな過去があると、愛犬は大暴れしてしまいます。

その場合は、愛犬のトラウマが消えるまで顔は洗わないようにしてあげて、タオルや洗い流さなくて良いシャンプーなどで軽く拭いてあげる程度にしてあげると良いでしょう。

飼い主さんが怖い

シャンプーが嫌いで愛犬がジタバタすると愛犬のことを叱っていませんか?
「ちょっと!もうじっとしてて!こらっ!」
などと叱ると愛犬は、この空間にいると飼い主さんが怖くなる!
という誤認識に繋がるのです。

結果、なんとかしてこの空間から出なければ!と思い余計に暴れてしまうこともあります。
どんなにジタバタしても「いい子だね~。頑張ってるね~。」などと声をかけてあげましょう。

シャワーの温度が熱い

シャワーの温度は熱すぎてはいませんか?
人のちょうど良いと感じる40℃前後では、愛犬にとっては熱すぎる可能性があります。

犬は元々の平熱が38℃~39℃前後です。
さらに皮膚の薄さは人の3分の1ですので、熱すぎる温度では愛犬にとっては拷問でしかないのです。

人が触ってちょっとぬるいかな?
と感じる32~35℃前後で、優しく洗ってあげると愛犬にとってもちょうど良いと思います。

シャンプーは素早く行うことが鉄則!

シャンプーにかけている時間はどれぐらいですか?
20分?30分?
という方が多いと思います。

基本は、お風呂場にいる時間は10分にしてあげましょう!
私たちが授業中、プールに入っていた時のことを思い出してください。
プールに入っていた時間は30分前後だったはずなのにプールから出た後は非常に疲れましたよね。

それと同じで、犬にとってのシャンプーは体力を使うのです。
ただ、そんな早いと汚れが落ちなさそう…
って思いますよね。

シャンプーは、2度洗いがおすすめです。
愛犬の体をシャワーで軽く濡らしたら、シャンプーをつけて全身になじませます。
この時泡立てなくてもOKです。
なじませたあとはしっかりすすぎ、2回目のシャンプーで丁寧に泡立てて洗ってあげてください。

シャンプーを1回のみにして泡立てるよりも、1回目で表面の汚れを浮かせて2回目でしっかり洗うだけでかなりの時間短縮になりますし、仕上がりの毛質が全然違います。

まとめ

「犬はなぜシャンプーが嫌いなの?愛犬がシャンプーを嫌がる6つの理由」はいかがでしたか?
なるほど!と、納得できたものもあったのではないでしょうか。

愛犬が何に怯えているのかを見極めて、ストレスを感じさせないようにシャンプーをしてあげてくださいね♪

著者:miki.m

tags