2月5日は笑顔の日!愛犬の笑顔写真を撮るコツ♪

本日2月5日は笑顔の日です♪

2(ニ)5(コ)=「にこにこ」という語呂合わせからきているそうです。
犬の口が開いていると、にこにこ笑顔で笑っているようにも見えてとても可愛いですよね。

犬が笑っている時はどんな感情?楽しいの?

犬は人のように楽しくて笑っている時はあるのでしょうか?
実は、楽しくて口をあけることは犬にもあります。

犬が笑うのは、「大好きな飼い主さんの真似」をしていると考えられています。
犬が飼い主さんの笑顔や口をあけて楽しそうに笑っていることを見て、犬が自ら学んでいるのです。

また、犬がたまたま口を開けた時に飼い主さんが喜んだり、嬉しそうにしていれば犬は、口をあければ飼い主さんが嬉しそう♪
と、考えて飼い主さんの気をひきたいときや喜んでほしい時、もちろん犬自身が嬉しい時には飼い主さんに一緒に喜んでもらいたい。
との思いからにこにこ笑顔になります。

そんな学習をしながら育った犬は、ドッグランなどで他の犬と遊んでいるときはもちろん、飼い主さんと沢山お散歩をしている時などは、楽しくて口を開けていることが多いのではないでしょうか。

愛犬が笑った顔で記念写真を撮りたい!

綺麗な景色の場所へ行ったときや、愛犬とお出かけしたときには記念写真を撮りたいですよね。

笑った顔はもっと可愛いのに~!
せっかくだから口をあけてほしい!
などと思うこと、ありますよね。

写真撮影の時に笑顔(口をあけてもらう)になってもらう方法は、実はとても簡単♪

犬が口をあけているときにひたすら褒める!
可愛い!お利口~!と、沢山褒めて可愛がってあげて
「〇〇ちゃん笑顔可愛い~」(〇〇に愛犬ちゃんの名前を入れてください)
など、「笑顔」という言葉を沢山犬にかけてあげてください。

なぜか「笑顔」という言葉と共に沢山褒められた。
飼い主さん楽しそう。
と、犬に学習させることが大切です。

その「笑顔」という言葉さえ覚えてくれれば、あとは簡単です♪
撮影するときに「笑顔は~?」という声を掛けるだけで、口をあけて笑顔をしてくれます。

ただ、お座りやおてと同じく芸のひとつになるため、「笑顔」をしてくれたらカメラチェックよりもまず先に沢山褒めてあげましょう。
褒めておやつやトリーツをあげてくださいね。

では犬が笑顔になる(口をあける)タイミングとはどんな時?

・ごはんの前

嬉しくて興奮気味で口をあける犬は多いと思います。

・お散歩の途中

お散歩が好きな犬であればなおさらです。
途中で口をあけることも少なくはありません。

・大好きな飼い主さんが帰ってきたとき

仕事から帰宅したとき、スーパーなどのお買い物から帰宅したとき、嬉しくて口をあけるタイミングです。

・飼い主さんが笑顔で笑っているとき

ふと、愛犬を見ると一緒になって、口をあけてにこにこ笑顔になってくれているときがあるはずです。

まとめ

愛犬ちゃんも楽しい時や飼い主さんが笑っている時は、その行動をよく観察しにこにこ笑顔になることも多くあります。

「笑顔」トレーニングを楽しく行い、可愛い愛犬ちゃんの笑顔の写真を家族やわん友さんに自慢しちゃいましょう♪