怖がり屋さんなチワワをお風呂に入れるコツ

小さくて可愛らしい見た目と、人に懐きやすい性格でペットとして高い人気を誇っているチワワ。 性格は穏やかですが、少し臆病な子も多いようです。 怖がり屋さんだと、なかなかお手入れやお風呂に入りたがらなくて困ってしまう飼い主さんもいるのではないでしょうか。 今回は、チワワを怖がらせずにお風呂に入れるコツについてご紹介します。


via pixabay.com

お風呂に入れるには、飼い主さんの声かけが重要

もともとチワワは、頻繁にお風呂に入れる必要のない犬種といわれています。

これらが原因で、お風呂が習慣化しにくい点も、お風呂嫌いの原因にもなっていると考えられています。

怖がらせずにお風呂に入れるコツは、飼い主さんが優しく声をかけてあげることです。

飼い主さんが常に見守っていてくれると感じることで、お風呂への恐怖心を和らげることができます。

また、シャワーヘッドを優しい水圧のものに変えてあげることも一つの方法です。

強い水圧のシャワーは、チワワが驚いてしまいます。

浴室の温度や、水圧にも注意

チワワをお風呂に入れる時には、先に浴室を暖めておくのもコツの一つです。

急に浴室に連れていくと寒さを感じたり、嫌がるチワワも多いようです。

浴室の壁や床全体に、シャワーでお湯をかけておくと浴室が適度に暖まります。

シャワーの温度は、37度から38度程度のぬるめがベスト!

急に頭からかけるとびっくりしてしまうので、最初は体からかけて、その次に足、最後に頭という順番でかけていくってください。

また、シャワーヘッドはチワワから離れた位置からかではなく、体にぴったりとくっつけるようにすると、水圧を感じなくなります。

シャンプーは洗う順番もポイント

体を全体的に濡らしたら、シャンプーでキレイに洗ってあげます。

この時に重要なのが、飼い主さんが常に見える位置にいてあげることです。

臆病な子は特に不安になってしまいやすいので、常にチワワから見える位置にいるように気をつけましょう。

見えない位置に移動する時には、優しく声をかけてあげると効果的です。

飼い主さんが声をかけることで、チワワも安心します。

また、シャンプーは胴体から足、最後に頭の順番で洗っていきましょう。

顔が濡れるのを嫌がる子も多いので、頭や顔は最後に洗うようにするとスムーズです。

シャンプーが終わったら、バスタオルで体を包みドライヤーで乾かします。

ポイントは、お尻の方からドライヤーをかけることです。

大きな音を怖がる子もいるので、できるだけ顔と離れた場所から、風をあててあげると怖がりません。

すべて終わったら、頑張ったご褒美をあげることも大切です。

頭を撫でてあげたり、おやつをあげるとお風呂嫌いの克服にもつながります。

まとめ

チワワは体も小さく臆病な子が多いので、お風呂を怖がる子も多いと思います。

しかし、ちょっとしたコツでお風呂嫌いを克服できるのです。

愛犬のためにも、飼い主さんはぜひ試してみてはいかがでしょうか。