鳴き声は仕方ないけれど…ご近所さんへの迷惑を最小限に抑える工夫

犬や猫を飼う時、一番気になるのはご近所さんに迷惑をかけないか、という事です。特に鳴き声は、家庭内ではそうでなくても、周りからは非常にうるさいととらえられてしまう場合も少なくありません。どのようにすれば迷惑をかけずにすむか、考えていきましょう。

他人にとっては耐えられない騒音かもしれない

飼い犬の遠吠え、猫が発情期などに発する鳴き声等は、ご近所トラブルにも発展しかねない「騒音」となってしまいます。具体的な基準が法律で定められているわけではありませんが、生活を妨げないように近隣住民への配慮を行う余地はあると言えるでしょう。
だからといって、全く鳴かせないようにすれば逆にペットにストレスを抱えさせる原因にもなります。難しい問題ではありますが、最小限に抑える工夫はすべきでしょう。

しつけでなんとかなる場合も

鳴き声による騒音を抑えるためには、飼い始めた段階からきちんとしつけをしておくという手段もあります。しつけておかないと自由気ままにふるまっていいのだ、とペットが勘違いし、家の中を荒らしまわったり吠えまくったりしてしまうのです。
愛情をきちんと注ぎつつも、必要以上に吠えるのは良くないんだよ、と適宜しつけを行っておけば、仮にうるさくしていても「鶴の一声」ですぐに大人しくなることでしょう。

みんなが気持ちよく暮らすためには

ペットを飼うという事は、ただ単に癒しの存在を求めるという事だけでなく、命を預かっているという責任、そして周りに迷惑をかけずに、場合によってはご近所の人達にも可愛がってもらえるように努力するという義務も同時に発生するのです。
ペットの「騒音」によってご近所トラブルが発生し、忌み嫌われる存在になってしまっては非常に悲しい結末となってしまいます。節度を持って、誰からも愛されるような飼い方をしましょう。

犬や猫のペットの鳴き声は、時に騒音となってご近所に迷惑をかける場合もあります。しっかりとしつけをするなど最大限の努力をしてその迷惑を最小限に食い止め、正しくペットを飼うようにしましょう。