猫が飼い主の腕を噛みながら思い切りキックしてくるアレ、何?

猫は飼い主とじゃれていると、急に後ろ足で連続キックしていくことがあります。見ているだけなら可愛いですが、実際に蹴りを食らうと飼い主は痛い思いをして、爪が伸びていたら怪我をすることもあります。

ゴロゴロ言ってると思ったらいきなり変わる猫

猫もじゃれて遊んでいると、自然と興奮してきて、キックを始めてしまうこともあります。特に遊ぶことに夢中になっていると、気持ちも高ぶってくるのです。飼い主と遊んでいても同じ事であり、猫にとってはじゃれる範囲の行動での蹴りです。

あなたが一緒に遊んでいると、思い切り蹴られて腕や足に小さな傷が出来ることも多いでしょう。放っておくとばい菌が入ることもあるので、傷が出来たら消毒ぐらいはしておいた方が良いです。

またあまりにもしつこく飼い主が猫とじゃれあったり触れるなどすると、嫌がって不機嫌になって、もう構わないでくれという意味で蹴ることもあります。さっきまで機嫌が良かったのに、急に気分が変わるようなこともあるのです。

噛みながらキックしてくる時の心理

猫はペットとして飼われていると、狩りをするようなことはあまりありませんが、それでも野生の本能は残っています。狩りをするときは獲物を捕まえると前足で獲物を固定し、後ろ足でキックしてとどめを刺すのです。

これは同じく家の中でも、狩りをするような練習として、飼い主の腕などを使い噛みつきキックすることもあります。

猫キックをやめさせるには

まず初めに蹴りを行なうようなことをしたら、飼い主はその場から離れます。蹴ると猫にとっては構ってもらえなくなるということを覚えさせるのです。または専用のぬいぐるみを与えて、それにキックしてもらうのです。

しかしそれでも飼い主に蹴りを入れるようならば、最終手段として猫の顔に息を吹きかけます。息を吹きかけられると驚くので、それで蹴るのを止めるかもしれません。

まとめ

猫のキックは本能によるものであり、多くはじゃれているときに行ないます。希に防衛本能や狩りの練習として行ないますが、飼い主が怪我をすることもあり危険なこともあります。ですが止めさせることは可能ですので、万が一危険を感じるようなことがあれば、上記のような方法で猫の暴れるのを抑えるようにしたほうが良いかもしれませんね。