ペットの病気

ペットの病気やケガは、ペットを飼う上で多くの飼い主が避けて通れない問題です。
医療技術の進歩、栄養価の高いフードの普及などによってペットの長寿高齢化は進みましたが、
高齢になるにしたがってペットが病気やケガにかかる割合は増加する傾向にあります。

不調のサインを見逃さない

動物は、人間のように言葉に出して身体の不調を訴えることができません。
毎日ペットと触れ合う中で、どこか普段と違ったおかしなところがないか、異常のサインを見逃さないことが病気の早期発見・早期治療につながります。

生活習慣病の増加

ワクチンなどの発達によって、これまで死亡率が高いとされてきた病気を予防することができるようになりました。
しかし、毎日の生活の中で偏った食生活や運動不足といった、生活習慣の不摂生を少しずつ蓄積していくことで、高齢時に病気を発症しやすくなる傾向があります。
犬などの品種によっては、遺伝的に特定の疾患を発症しやすいといったケースもありますが、生活習慣が原因となる病気が高齢犬に増えてきています。
生活習慣病のリスクを減らすためには、与える食事の量を飼い主がきちんと管理するなどの心がけが重要です。

運動不足は万病の元

犬の運動不足は肥満の原因になるだけでなく、ストレスをため込むことで免疫力が下がり、様々な病気の要因となってしまいます。
外に出て身体を動かすことは運動不足や肥満の解消になるだけでなく、ストレスが原因で起こる問題行動の予防にもつながります。
適度な運動と適切な量の食事を与えることでストレスを解消し、いつまでもペットが健康でいられるよう適切にケアをしてあげましょう。

ペットの病気最新記事

猫にもニキビが出来るって知っていますか?愛猫のあごをチェックしてみよう

猫にもニキビが出来ることは知ってるけど… なんで出来るの? 出来ちゃった場合、正しい対処法って知っていますか? […]

続きを見る