あなたは本当に守れますか?【犬の十戒】

犬を飼う前に、必ず読んでほしい犬の十戒です。
作者不詳の映画にもなった犬の十戒は、犬から人へ対しての切なく健気なお願いです。

犬の十戒の原文

1.私の生涯は、だいたい10年から15年くらいです。そして、あなたと別れることは何よりも辛いことなのです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいてください。

2.あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するのには少し時間がかかります。どうか、私が理解できるまで待って欲しいのです。

3.私を信頼して下さい。信頼されることこそが、あなたと一緒に暮らす私の幸せなのです。

4.私を長い時間をかけて叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。あなたには他にやることがあったり、楽しみがあったり、そして友達もいます。でも、私にはあなたしかいないのです。

5.時々でもいいので、私に話しかけてください。言葉は分かりませんが、あなたの声はしっかり届いています。

6.あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを決して忘れることはありません。

7.私を叩いたり、いじめたりする前に思い出して欲しいことがあります。それは、私は鋭い歯であなたの手を噛み砕くことができるにもかかわらず、絶対にあなたを傷つけないと決めていることを。

8.私が言うことを聞かないとか、頑固だとか、怠けているとか言って叱る前に、私が何かに苦しんでいないか考えてみてください。もしかすると、食事がよくなかったり、長い時間ずっと太陽にさらされているのかもしれません。あるいは、もう体が老いてきていて、弱ってきているのかもしれません。

9.私が歳をとって老いてきたとしても、どうかお世話をしてください。歳を取れば、あなたもまた同じようになるのですから。

10.どうか最後の一瞬まで、ずっと私の側にいてください。「もう見てはいられない」とか、「居た堪れない」なんて言わないでください。あなたが寄り添ってくれているから、私は最期の日も安らかに旅立つことができるのです。なぜなら、あなたを心から愛しているのですから。

まとめ

犬の十戒は、これから犬を飼う人、飼いたいと思っている人だけでなく、現在愛犬と一緒に暮らしている人にも読んでほしい内容です。
改めて読むことにより、愛犬との生活を見直すこともできます。

犬の十戒、守れないのであれば安易に飼ってはいけません。
時間もお金もかかります。無償の愛で育ててあげてください。
犬だけでなく、生き物を飼うという事はそれだけの責任と覚悟が必要です。