子猫が我が家にやってくる! ~これから家族として迎えるあなたへ

子猫を迎える心構え4箇条

・家族として迎える子猫が一生健康で幸せに暮らせるよう、ペットオーナーとしての自覚を持つ
・子猫が早く新しい環境に慣れるよう、生活に必要なアイテムや環境を事前に整えておく
・かかりつけの動物病院を見つけ、ワクチン接種を受ける、避妊・去勢について相談する
・病院で定期的に健康診断を受け、フードや躾のことなど、猫に関る疑問を獣医師に相談する

知人、里親、ブリーダー、ペットショップ、シェルターなど、出会いの形は様々です。
もし、新しい家族として子猫を迎える決心をした場合、その日から、様々な準備が必要になります。
一頭の猫を育てるために、ペットオーナーとして知る必要のあることは想像以上にたくさんあり、手間もお金も想像以上にかかります。
新しい家族として迎えるということは、その猫が生涯幸せに暮らせるよう、責任をもつということなのです。
その自覚のもと、子猫が早く新しい環境に慣れ、安心して元気に暮らし、成長していけるよう、ペットオーナーとして必要なことを学んでいきましょう。

子猫が来るまでの準備を

子猫が家に来る前に、必要なものを揃えておくと、やってきた子猫が新しい環境でもすぐ落ち着くことができます。そのためにも、生活に必要なアイテムの準備と、安全で住みやすい環境を整えておきましょう!

猫の生活に必要なアイテム

家の環境を整える

・行動範囲を決める
入ってはいけない場所には柵を設置しましょう。玄関、ベランダには必要に応じて脱出防止柵の設置を忘れずに。

・ベッドの場所
日当たりが良く、風通しが良い場所にベッドを設置し、サークルで囲い、自分のスペースを作ってあげましょう。

・誤飲・誤食に要注意
コンセントや電気コード、薬品やタバコ、先の尖ったクリップなど、誤って噛んだり、飲み込んだりするものが近くにないようにしましょう。

子猫が我が家にやってきたら

新しい家に慣れさせる

・かまい過ぎず、ゆっくりさせてあげる

初日は環境の変化に戸惑ってしまいます。
子猫に近寄ったり、遊んだり、かまい過ぎると子猫が疲れてしまいます。
睡眠時間を十分すぎるほどたっぷり与え、子猫のペースを見守り、そっとしておいてあげましょう。

・部屋の探索は好きにさせる

子猫は好奇心旺盛です。
迎えてしばらくすると、新しい環境をチェックするための部屋の探索をはじめます。
この時、手出しをせずに子猫が納得するまで探索させましょう。

トイレトレーニングを始める

・落ち着ける場所にトイレを設置する
猫は決まった場所に排泄をする習性があり、また排泄を見られるのを嫌がります。
人の出入りが少なく、猫が落ち着ける静かな場所にトイレを設置しましょう。また、食事の場所から離れていることも重要です。

・初日~3日以内にトイレトレーニングを始めましょう
トイレの中に子猫のおしっこのついたものを入れておき、猫がトイレに行きたいときに見せる「トイレサイン」(やたらと周りのにおいをかぐ、そわそわと落ち着かない、寝起き、食事・運動の後など)を見つけたら、トイレの中に入れるようにします。

かかりつけの動物病院を見つける

愛猫が健康な一生を過ごすためには、信頼できるかかりつけの獣医師を見つけることが大切です。
病気になった時だけでなく、健康上の問題の早期発見のためにも定期的に健康診断を受け、また、フードや躾など、猫に関して疑問に思うことを獣医師の先生に相談してみましょう。

子猫のワクチン接種

動物病院で必ずワクチン接種を受けてください。

どのワクチンを受けるべきか、獣医師の先生と相談しましょう。
生まれたばかりの子猫は、母乳から免疫抗体をもらい、有害なウィルスや細菌から守られていますが、その抗体は離乳後徐々になくなり、生後50~60日頃になると、感染症にかかるリスクが高くなります。
病気の中には、人に伝染してしまうズーノーシス(人畜共通感染症)もあるため、人間のためにも猫のワクチン接種は重要です。
一般的な時期の目安としては、生後2カ月後頃に1回、その後1カ月ずつ感覚を空けて、2回目、3回目の摂取を行います。
ワクチンの効果は約1年なので、その後は1年ごとに1回ずつ追加摂取を行います。
1-2回目のワクチン接種は、子猫を引き取る際には済ませていることもあるので、引き取ったペットショップやブリーダーさんに確認してみましょう。

避妊・去勢の検討

4~5か月齢になってきたら、避妊・去勢をどうするか検討しましょう。
もしも予定外の妊娠をして出産したら、生まれてくる子猫たちをどうしますか?
その子猫達の将来を保証できる場合を除き、安易な繁殖を避けるために、かかりつけの獣医師に相談しながら決めるようにしましょう。また、避妊・去勢後は、ホルモンバランスや代謝に変化が現れ、太りやすくなります。
フードの種類や食事量に気を付けることで解決できますので、獣医師の先生に相談してください。

普段のお手入れ

普段のお手入れは、健康維持や皮膚のチェックなどにも役立ちます。
お手入れしやすい猫にするには生後3週間~2カ月の間に慣れさせることが好ましいとされています。はじめは短期間から少しずつ慣らしていきましょう。

 

穏やかな一生をスタートするための子猫用フード「 The Kitten pack 」

ロイヤルカナン公式通販サイト 「マイ ロイヤルカナン」で発売中

マイ ロイヤルカナン <ねこのパラパラメモ> プレゼントキャンペーン
ロイヤルカナンの公式ショッピングサイト マイ ロイヤルカナンでは、ロイヤルカナンの猫製品いずれかを
税抜2,000円以上購入された方に、もれなく「ねこのパラパラメモ」をプレゼントするキャンペーンを実施中
です。先着3,000名様にプレゼント!
詳しくはこちらまで https://my.royalcanin.jp/campaign/2019/cat_memo/

― 読者の方からのお問合せ ―
製品に関するお問合せは
ロイヤルカナンお客様相談室
0120-125-850
9:00~16:00(土・日・祝日・弊社指定休業日を除く)

マイロイヤルカナンに関するお問合せは
マイロイヤルカナン カスタマーサービス
0120-253-912
平日:9:00~19:00
土・日・祝日:9:00~17:00(弊社指定休業日を除く)
ロイヤルカナン ホームページ
http://www.royalcanin.co.jp/

< ロイヤルカナンについて >
1968年、南フランスの獣医師、ジャン・カタリー博士によって誕生したロイヤルカナンは、創業以来一貫して、犬と猫の健康な生活を毎日の食事からサポートするために日々研究を行ってきました。「Dog and Cat First-すべては犬と猫のために」を掲げ、犬と猫の品種、年齢、身体のサイズ、ライフスタイル、健康状態などにより異なるニーズにきめ細かく配慮した栄養バランスのペットフードを開発。現在、日本をはじめ世界100ヵ国以上で350種類以上の製品を展開しています。
https://www.royalcanin.co.jp/

本記事は、ロイヤルカナンのプレスリリースです。