猫の日(2022年2月22日)キャンペーン、猫に本当に安全で安心な「おもちゃセット」販売をスタート

猫の日(2022年2月22日)キャンペーン、猫に本当に安全で安心な「おもちゃセット」販売をスタート

本当に猫にとって使いやすい、そして安心・安全な猫用品を販売している株式会社クロス・クローバー・ジャパン(代表取締役:太野由佳子、本社:岩手県盛岡市)は、年に1回の「猫の日(2022年2月22日)」にあわせて、猫にとって本当に安全で安心な「おもちゃセット」の販売を開始します。
      
背景
コロナ禍で自宅での癒しを求めて、いま、新たに猫を飼う方が増えています。コロナ前の2019年の394,000頭と比べて、2021年は489,000頭と新たに猫を飼う方が大幅に増えています(一般社団法人ペットフード協会調べ)。

このようにコロナ禍で新たに猫を飼う方は増えているのですが、こうした「猫ブーム」のなかで「猫のためにはならない商品」も増え続けいるのが実情です。例えば、ユニークなカタチの爪とぎ、見た目の面白さを最優先に考えられ、爪とぎ可能部分が少なく、不安定で爪とぎし難いです。また、上質な革を用い天然石の装飾が施された猫用首輪はネコの負担になります。

一時期ネコの背後にきゅうりを置き、蛇と間違えて驚いて飛び跳ねる様子をおさめた動画が多数、投稿されることがありました。その影響からか、電動式のリアルな蛇のおもちゃが増えました。猫にストレスを与えてまで、「笑い」や「いいね!」を獲得することは大事なことでしょうか? 猫を意図的に驚かせるような「いたずら」が続くと人間不信になり、飼い主との信頼関係にも影響が出かねません。

これらのほとんどは、飼い主がインスタグラムにアップするための、いわゆる「インスタ映え」を、狙ったものです。これらは確かに「インスタ映え」するものではあるのですが、こうした商品で健康を損ねる猫も増え続けているのです。

概要
「猫の日」(2022年2月22日)に合わせて、今回、私たちは「インスタ映え」はしないかもしれませんが、「本当に猫のためになる、おもちゃ」をセットにして、特別キャンペーンとして、販売します。

特設販売ページ
https://kurokuro.jp/c/about/event/nekonohi

おもちゃセットの概要
・ 私たちのおもちゃは、すべて無添加です。市販の猫用おもちゃの多くに、猫を引き寄せるために、またたびなどの「興奮を誘発する物質」が含まれています。ですが、私たちは「またたびのような興奮誘発物質」を一切、使っていません。
・ すべて、縫製業が息づく町「岩手県久慈市」の縫製職人が手作りしています。
・ すべて、安全性を考慮した、シンプルなデザインとなっています。パーツが増えるほど危険が増すため、必要最低限のパーツで構成しています。

くらげじゃらし(全部入り9点セット)
一般的な猫じゃらしよりも、はるかに太い紐を用いています。これは猫の誤飲を防ぐためです。また、細く長い紐だと猫が絡まってしまい、手や足に怪我をする危険があります。太く短い紐だと、こうした心配がありません。

くらげじゃらしで遊ぶ猫
      くらげじゃらしで遊ぶ猫              

くらげじゃらし
      くらげじゃらし

https://kurokuro.jp/c/list/toy/toyluckybag/1851086005

みかづきけりけり(全部入り9点セット)
「コットン80%、麻20%」の生地を使用しています。麻が入っている生地を用いることで生地が滑らず抱きしめやすく、猫にストレスを与えません。中の綿の量も、工夫を凝らしました。綿を詰めすぎると、猫が捕まえにくくなってしまうからです。
みかづきけりけりで遊ぶ猫
      「みかづきけりけり」で遊ぶ猫

みかづきけりけり
      みかづきけりけり

https://kurokuro.jp/c/list/toy/toyluckybag/1851086005

ねこずきねずみ(5匹セット)
ねずみの耳を付けるのに接着剤は一切つかわず、縫いこんでいます。猫が接着剤を口にすると、健康を害してしまうからです。また一般的な「ねずみのおもちゃ」に多い、「ひものしっぽ」もついていません。これは猫の誤飲を防ぐためです。猫の安全を第一に考えた、おもちゃです。
「ねこずきねずみ」で遊ぶ猫
      「ねこずきねずみ」で遊ぶ猫

ねこずきねずみ
      ねこずきねずみ

https://kurokuro.jp/c/list/toy/mouse/1804016001

会社概要: 株式会社クロス・クローバー・ジャパン
会社概要: 株式会社クロス・クローバー・ジャパン

大好きな猫の役に立てる仕事をするため、2005年に起業。たとえば、猫砂は人間の都合で、ネコの健康に害を与えかねない仕様となっています。現在、市場で人気の猫砂の多くは、固める、消臭、香料、抗菌など、人の利便性を考慮し、化学物質が添加されています。これでは猫は排泄後に足裏を舐める習性があるので、化学物質を体に溜めてしまいます。また、トイレ掃除をする飼い主にとっても、危険があります。私たちは「木だけの無添加猫砂」で健康猫砂市場を創出しています。将来の夢は「ネコと人間が共生できる家をゼロからプロデュースすること」。地域未来牽引企業(経済産業省)、東北アントレプレナー大賞(東北ニュービジネス協議会)。

tags