賃貸併用住宅アパルトレジデンス、ペット共生第1号物件、販売開始年収400万円台から購入可能なマイホーム×不動産投資

賃貸併用住宅アパルトレジデンス、ペット共生第1号物件、販売開始年収400万円台から購入可能なマイホーム×不動産投資

株式会社フロンティアハウス(本社:横浜市神奈川区 代表取締役:佐藤勝彦、以下当社)は、小田急小田原線「相武台前」駅にて、コンパクト賃貸併用住宅アパルトレジデンスのペット共生バージョン「アパルトレジデンス小田急相武台前 ねこネクト」の販売を開始しました。
年収400万円台から購入が可能な、マイホームと不動産投資のハイブリッド商品に、「人もペットも住みやすい環境づくり」というコンセプトを付与した商品です。

【アパルトレジデンス小田急相武台前 ねこネクトの概要】
今回販売する「ねこネクト相武台前」は、賃貸併用住宅(※1)アパルトレジデンスに、ペット共生のコンセプトを付与した、第1号物件です。
当商品は、保護猫団体NPO法人東京キャットガーディアン(※2)(以下TCG)の監修のもと、「人もペットも住みやすい環境づくり」に配慮しました。既に飼っているペットとの入居はもちろん、TCGから無償で猫を引き取り、新たに飼育をはじめることも可能です。

ねこネクト詳細:https://www.frontier-house.co.jp/lp/neconnect/

(※1)賃貸併用住宅とは
1つの建物に⾃宅と賃貸住宅が共存している不動産のことをさし、当社では、コンパクト賃貸併用住宅「アパルトレジデンス」の開発をおこなっています。「アパルトレジデンス」は、マイホームでありながら、収益を⽣むことが出来る、ハイブリット商品です。
アパルトレジデンス:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000068760.html
(※2)NPO法人東京キャットガーディアン
⾏き場のない猫たちを減らしていくために、⽇本初の保護猫カフェの運営を通じて、 ⾏政(保健所・動物愛護センター)などから猫を引取り、飼育希望の⽅に譲渡する活動と地域猫活動をおこなっている団体です。
団体HP:https://tokyocatguardian.org

【本物件の特徴】
■外観について
本物件は落ち着きのあるナチュラルな色遣いを意識した外観で、ペットを飼育される方はもちろん、幅広い方々に住んでいただけるようデザインされています。モダンで洗練された印象を与えつつも、温かな空気感を持ち、周囲になじむ外観を採用しました。

■ペットのための内装(設備/仕様)

ペットのための内装(設備/仕様)

■間取り
オーナールーム
2階/3階 2LDK 86.75㎡
※1階、玄関水回りを含む
・賃貸
1階   1R 17.18㎡

間取り

■アパルトレジデンス小田急相武台前 ねこネクト 物件詳細
名称   :アパルトレジデンス小田急相武台前 ねこネクト
所在   :座間市緑ケ丘
交通   :小田急小田原線 「相武台前」駅 徒歩7分
土地面積 :75.23㎡(実測)
土地権利 :所有権
完成   :令和3年6月末予定
構造   :木造地上3階建
総戸数  :2戸(オーナールーム1戸+賃貸1戸)
※掲載の画像はイメージであり、仕様は予告なく変更となる場合があります。

■今後の展開
賃貸併用住宅アパルトレジデンス「ねこネクト」の開発を積極的に進めるとともに、当社の開発する、投資用アパートにも同様のコンセプト設定をおこなっていきます。単身者用アパートの供給が増大する中、差別化を図り、オーナー様に対し、賃貸付けへの不安を解消します。

【株式会社フロンティアハウスについて】
名称   :株式会社フロンティアハウス
設⽴   :1999年4⽉
代表取締役:佐藤勝彦
住所   :神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-11-8 FHレガーレ
事業内容 :「不動産投資をより⾝近に、より多くの⽅に。」をミッションに、アパート・マンション等の収益⽤物件の開発・分譲を中⼼に、⼟地仕⼊、建築、販売、リーシング、賃貸管理までをワンストップスキームでお客様へのお役⽴ちを⽬指す、総合不動産サービス事業を展開しております。
会社HP  :https://www.frontier-house.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】
株式会社フロンティアハウス
webマーケティングチーム 長岡 史樺
横浜市神奈川区東神奈川1-11-8 FHレガーレ6F
mail:webm@frontier-house.co.jp
携帯:080-7143-6377
TEL:045-440-6377
URL:https://www.frontier-house.co.jp/

tags