残されたペットを救いたい、留守番をするペットのための「ペット助けてカード」

 PS保険(家庭動物保険)を主力商品とするペットメディカルサポート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米満 明仁)は、PS保険をご契約中のお客さまへの送付物に「ペット助けてカード」を同封する取り組みを、新型コロナウィルスで緊急事態宣言が発令された2020年5月より実施しております。

 「ペット助けてカード」とは、自宅にとり残されてしまったペットを救うための取り組みです。
 もし、自宅に帰ることができなくなってしまった場合、飼い主さまを待つ愛犬・愛猫に、どのように対応したらよいでしょうか。会社や学校などに出かけるとき、何日分もの食事や飲み水を準備することなどはしないと思います。飼い主さまが帰宅できないと、愛犬・愛猫はきっと空腹やのどの乾きに耐えながら、飼い主さまの帰りを待っていることでしょう。不測の事態はだれにでも起こりえます。
 「ペット助けてカード」は飼い主さまが、外出先で不慮の事故や、病気を発症するなどして突然帰宅できなくなってしまった場合に、自宅にペットがいることを第三者へ伝えるためのカードです。もし、飼い主さま自身が意思表示できない病状や状態になってしまったとしても、あらかじめ自宅の住所や、緊急連絡先をカードに記入して財布などに入れておくことで、周りの人に自宅にペットがいることを伝えることができます。
 カードのサイズは二つ折にするとキャッシュカードの大きさになりますので、お財布やパスケースなどにも入れやすく、いつでも携帯していただけるサイズになっています。万が一に備えてちょっとした準備をしてあげることで大切な家族である愛犬・愛猫の命をつなぐことができるかもしれません。

 ペットメディカルサポート株式会社では、「ペット助けてカード」の配布を開始してから約10万枚のカードを飼い主様のもとへお届けしております。
 新型コロナウィルスによる感染症の流行などにより、飼い主さまが危険にさらされる状況だからこそ、たくさんの飼い主さまとの接点を大事にして「ペットのためにしてあげられる、ほんの少しの工夫」を発信していく役割を今後も担っていきたいと考えています。

 ペットメディカルサポート株式会社は、「動物が安心して人と共存できる社会の実現」を目指し、ペット保険「PS保険」を取り扱う少額短期保険会社です。ペットが、重い病気や大ケガをしてしまった時、飼い主さまが大切な家族の治療に専念でき、経済的な心配事がやわらぐように、お手頃な保険料で加入できる「ペット保険のPS保険」を販売しています。

【会社概要】
商号 : ペットメディカルサポート株式会社
代表者 : 代表取締役社長 米満 明仁
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂8-4-14 青山タワープレイス2階
営業開始日: 2008年5月2日
事業内容 : 少額短期保険業(登録番号 関東財務局長(少額短期保険)第24号)
資本金 : 3億3,275万円(令和2年3月時点)
URL :https://pshoken.co.jp/

tags