猫の健康長寿の秘訣が満載! ベストセラー獣医師が教える猫の「食」と「健康」

猫の健康長寿の秘訣が満載! ベストセラー獣医師が教える猫の「食」と「健康」

株式会社世界文化社は2020年11月13日(金)に書籍『獣医師が考案した長生き猫ごはん』を発売いたします。

安心・簡単・作り置きOK! 初心者でも安心の猫の手作り食
昨年、ペット本のジャンルでベストセラーとなった『獣医師が考案した長生き犬ごはん』。発売から一年あまりで4刷重版になるなど、現在も人気を博しています。また、発売後には、多くの飼い主さまから好評の声をいただくと同時に「猫ごはんの本も出してほしい!」という要望もいただきました。そして今回、満を持して『獣医師が考案した長生き猫ごはん』を発売いたします。

犬に比べて猫のほうが食の好き嫌いが激しいため、手作り食のハードルが高いと言われています。何か気に入らないと“食べない”という選択をするのが猫の特徴です。本書では、段階を踏んで手作り食を食べさせていく方法、名付けて「Hop・Step・Jump」方式を取り入れました。手作り食は長く続けてこそ、意味があるものです。飼い主さんが億劫になって途中でやめないよう、楽しく気軽に読める構成になっています。

また、「ニャンコの食事・健康Q&A」のパートでは愛猫に関する素朴な悩みを、著者の林先生が丁寧に解説。まさに、猫の「食事」と「健康」のことが総合的に学べ、愛猫の健康長寿に役立つ一冊になっています。

<本書の特徴>

手作り食のスペシャリストである、獣医師2名が手掛けているから安心!
スーパーで手に入る食材で、作り方がとても簡単なので続けやすい!
食事だけでなく、マッサージ法や体質改善など愛猫の健康も学べる!

好き嫌いが多い子にも安心の「Hop・Step・Jump」方式

猫はきれい好きで繊細な動物。食べ慣れた食事やおやつばかり食べます。「食べ慣れていないものに、チャレンジしよう!」という冒険心がなかなかわきません。そんな気難しい子たちに手作り食を与えるのは非常に大変なこと。そこで考えたのが、「Hop・Step・Jump」方式です。
Hop・Step・Jump方式は長く続けることを前提に、段階を踏んで手作り食に慣れさせる方法です。1週間でJumpまでいく子もいれば、1か月〜半年かかる子もいます。少しずつ猫の体調・気分を見ながら、食事を替えていくのが大切です。

季節のごはんや、猫に関する素朴な悩みも丁寧に解説

本書では季節ごとのオススメのごはんを紹介しています。冬のごはんは、消化器にエネルギーを補う鶏もも肉と、血を養い心を補う鶏ハツで寒い時期もパワー全開になります。

「ドライフードやウェットフードより手作り食のほうがいいの?」「手作り食を食べない我が子には?」など愛猫の健康と食事に関する素朴な悩みについて、著者の林先生が解説します。

<目次>
Part1 季節のレシピと猫ごはんの基本
Part2 ニャンコの食事・健康Q&A
Part3 愛猫のための手作りごはん体験記
Part4 ニャンコと私のおすそわけレシピ

<著者・監修者プロフィール>
著者:林 美彩(はやし みさえ)
毎日の食べるもので体が作られていくという両親の教えのもと、学生時代に飼っていた愛犬・茜を迎えたことをきっかけに、手作り食を学ぶ。大学卒業後は、代替療法・西洋医学両方の動物病院の勤務、サプリメント会社での相談応対に従事。西洋医学と代替療法の良いとこどりをした治療、病気にならない体作り、家庭でできるケアを広めるため、2018年3月に往診専門動物病院「chicoどうぶつ診療所」を開院。現在、全国より数々の相談を受けている。獣医保健ソーシャルワーク協会所属。

監修:古山範子(ふるやま のりこ)
麻布大学獣医学科卒業。愛猫4匹と暮らし、手作り食を中心に犬猫の養生法を提案する、犬猫養生Harmonyを主催。中山動物病院(茅ヶ崎市)非常勤獣医師。ペットのためのホリスティックケアセラピスト養成講座医師。日本獣医ホメオパシー学会 認定獣医師。日本ペット栄養学会会員。日本獣医動物行動研究会会員。国際薬膳師。獣医保健ソーシャルワーク協会所属。

 

『獣医師が考案した長生き猫ごはん』

■著者:林 美彩(獣医師)
■監修:古山範子(獣医師)
■発売日:2020年11月13日(金)
■定価:1,500円+税
■発行:株式会社世界⽂化社

tags