❝がん”にかかった愛犬が少しでも元気で過ごせるよう、毎日のごはんでサポート。食材の選び方やレシピ、与え方などを紹介する一冊。

❝がん”にかかった愛犬が少しでも元気で過ごせるよう、毎日のごはんでサポート。食材の選び方やレシピ、与え方などを紹介する一冊。

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2020年9月11日(金)に、『がんと生きる 犬ごはんの教科書』を発売いたします。
❝がん”にかかった愛犬が少しでも元気で過ごせるよう、毎日のごはんでサポート。食材の選び方やレシピ、与え方などを紹介する一冊。
「犬ごはんの教科書」「7歳からの老犬ごはんの教科書」に続く3冊目となる犬ごはんの教科書です。

飼育環境や獣医医療の改善で、長寿の犬が増えていますが、その反面、さまざまながんにかかる犬も増えているのが現状です。愛犬ががんになった時に、治療は獣医さんにお願いするしかないにしても、飼い主さんとしては、毎日のごはんで愛犬の体調をサポートしてあげたいもの。
そして、日々、愛犬のがんと付き合いながら、暮らしていかなくてはいけません。また、がんを直すことは難しくとも、うまく共存して、少しでも元気な日々を過ごさせてあげたい、そう願う飼い主さんも多いはずです。

本書は、そんな時に役立つ食材や調理法、与え方などの情報を満載してお届けする、犬ごはんの教科書です。

免疫力の向上や抗酸化作用、血行促進に良いといわれる食材や、栄養素の話、そしてそれらを効率よく摂取させるためのレシピや与え方など、がんにかかった愛犬をもつ飼い主さんが気になる情報を掲載しています。
ページ01
ページ02
さらに、食欲が落ちた時に役立つおやつやふりかけのレシピも紹介。
レシピは日々の負担にならないよう、できるだけ1鍋10分で簡単にできる工夫もされています。また、食事と合わせて、毎日やってあげたいマッサージなども紹介しています。
ページ03
ページ04
\ 同シリーズ「犬ごはんの教科書」好評発売中! /
★『犬ごはんの教科書』のリリースはこちら★
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000591.000012109.html

★『7歳からの老犬ごはんの教科書』のリリースはこちら★
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000882.000012109.html

【目次】
目次
【著者プロフィール】
俵森 朋子(ヒョウモリ トモコ)
鎌倉にある『pas a pas(パザパ)』店主。『manpucu garden』として、自身の経験やさまざまな専門家から学んだことをもとに、手づくりごはんのワークショップやカウンセリングを行う。インテリアテキスタイルデザイン&企画の仕事に従事した後、1999年に友人とともに『ドッググッズショップシュナ&バニ』を立ち上げる。2012年、もっと犬の体にいいことをしたいとpas a pasをオープンし、2017年には『プラーナ和漢自然医療アニマルクリニック』にて食事療法インストラクターの資格を、その後ペット薬膳管理士の資格も取得。

【書籍概要】
書 名:がんと生きる 犬ごはんの教科書
著 者:俵森 朋子
仕 様:B5変判、144ページ
定 価:本体2,200円+税
発売日:2020年9月11日(金)
ISBN:978-4-416-62044-1

【書籍のご購入はこちら】
誠文堂新光社 書籍紹介ページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/book/pets/48538/

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

tags