動物医療プラットフォーム「VRAINERS™」のサービスを開始

 共立製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:髙居 隆章、以下「共立製薬」)は、日本アイ・ビー・エム株式会社と共同で開発した動物医療プラットフォーム「VRAINERS™」(ブレイナーズ)(商標登録出願中)のサービスを2019年10月1日より開始致します。

 VRAINERS™は動物病院向けの電子カルテや、ペットペアレント(飼い主)と動物病院をつなぐ動物病院連携アプリを統合させた、動物医療に特化したプラットフォームです。
 電子カルテに集積されたデータをIBM Cloudで統合的に管理・分析することによって、戦略的に動物病院経営をサポートする機能に加え、連携アプリ「myVRAINERS(マイブレイナーズ)」によってペットペアレントと動物病院のコミュニケーションを促進することを可能にします。
 この連携アプリは、診察券としての機能を持つと同時に、健診結果、ワクチン接種証明、動物病院からのお知らせ等をペットペアレントのお手元のスマートフォンから確認することが出来ます。将来的にはこのアプリに、動物病院、ペットペアレント双方の利便性を更に向上させる様々な機能を実装させていく予定です。

 また、サービス開始に先駆けて、VRAINERS™が東京都千代田区のホテルニューオータニにおいて開催されるFASAVA-TOKYO 2019 大会(9/25~9/29)にて展示されます。
注)FASAVA (Federation of Asian Small Animal Veterinary Associations) は、アジア・パシフィック各国の様々な獣医師団体が参加して作られた国際的な学術団体であり、本年の大会は東京都獣医師会と日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)の協力により日本で開催されます。https://www.fasava-tokyo2019.org/

 共立製薬は動物医療ビッグデータを解析することによって日本の動物医療の発展に貢献し、ペットペアレントと獣医師との絆をより強めることが、犬や猫の健康と幸福へのつながるものと考えます。今後も、動物用医薬品業界国内シェアトップのメーカーとして、革新的な技術による画像・鑑別診断の動物医療分野での実用化の研究や、ペットペアレントと動物病院の連携を強化する付加価値の高いサービスを提供できるよう、積極的に取り組んでまいります。

以上

<このプレスリリースに関するお問合せ>
共立製薬株式会社 新規事業推進部 福島正晴
TEL:03-3263-2932 FAX:03-3239-5433
MAIL:m_fukushima@kyoritsuseiyaku.com

tags