日本初!「ペットがみるみる健康になる家」をスタート!獣医師と共同開発の特殊な建材で住むだけでペットが健康になる画期的な工法

日本初!「ペットがみるみる健康になる家」をスタート!獣医師と共同開発の特殊な建材で住むだけでペットが健康になる画期的な工法

日本初!「ペットがみるみる健康になる家」をスタート!獣医師と共同開発の特殊な建材で住むだけでペットが健康になる画期的な工法

〜ペットが10年長生きできるモデルルームが6月15日名古屋市にOPEN!〜

〜ペットが10年長生きできるモデルルームが6月15日名古屋市にOPEN!〜

ペットの気持ち住宅を展開する「株式会社エグゼスタイル(愛知県名古屋市)」は、2019年6月15日より「ペットがみるみる健康になる家」ペットの気持ち住宅事業を開始いたします。本事業は健康をテーマにしてお住まいのペットが特別な建材の環境で健康に暮らせるのが特徴です。
先行予約の段階ですでに52件の問い合わせ、19件の見積もり予約が入っております。

日本初!ペットの健康に配慮した住宅を獣医師と共同開発。ペットが住むだけで健康を取り戻す家

現代社会においてペットは人間の家族として存在し、その市場規模は1.4兆円と言われています。他方で運動不足や食事、住環境の影響で健康被害を受けるペットも多く、医療費も年々高騰しています。その原因の一つとされているのが住環境です。人間にもペットにも決して良いとは言えない住環境がペットの病気の原因になるのですが、それを解決するメーカーは残念ながら日本中探しても皆無です。そこで弊社は獣医師と共同開発を重ねて、ペットが安全な環境で暮らせる環境を作りました。「ペットの気持ち住宅」は特殊な材料を施しているため、ペットに取って病気のリスクのあるノミやダニを寄生させずに家中からも死滅させるだけでなく、ゴキブリや病気を持ち込む蚊などの存在も許しません。更にインフルエンザやカビなどのあらゆる菌も死滅させるなどの特徴を持つ住宅リフォームです。また、マイナスイオン効果が血流を安定させることで毛並みが以前と比べて確実に良くなってきます。
既存住宅は大手メーカーも含めて人畜有害の材料を多く使用してきました。それらの建材が原因でアトピーや高血圧を生み、肺炎を発生させる可能性もあるのです。
従来の住宅は接着剤・防腐剤・殺虫剤をふんだんに使用していることが原因と言われています。新築に入ると分かりますが、よく目がチカチカしたり、息苦しくなるのは人体に影響がある物質を身体に取り込んでしまい、それを身体が拒否反応を示していると言えるのです。ましてやペットは殺虫剤・防腐剤・接着剤を使用する床に最も近いので病気にかかるリスクが最も高いと言えます。
では、「どうすれば解決するのか」を試行錯誤した上で獣医師と共同開発をしてペットが健康になる建材を開発しました。具体的には身体に害がある接着剤・防腐剤・殺虫剤を一切使用することなくペットにとって病気のリスクとなる害虫被害に合わないために特殊な建材でph値を13以上の環境に置くことで害虫の存在を許さず、ペットがノミ・ダニ、そしてアトピー等の被害に遭わなくなります。更に特殊な天然素材を材料の全てに使用することで、まるで森林にいるようにマイナスイオン溢れる環境になり、ペットの免疫力が上がり、血流もよくなり血圧の安定化が毛並みにも影響して健康な身体に生まれ変わるのです。
食品でも添加物や保存料を使用した食べ物は身体に害があるのと同じように、住宅も無添加で身体が喜ぶ環境を整えて上げることが重要となり、住むだけで免疫力が上がり健康になる状態を保てる状態となるのです。

ペットの気持ち住宅リフォームでペットアトピーを救え!

あまり知られていませんが、実はペットも人間と同じくアトピーになる子が多いのです。毛で覆われているためにあまり目立ちませんが、決して少なくないペットアトピーを解決すべく生まれたのがペットの気持ちリフォームです。
新築に建て変えるにはまだ早い。しかし、健康に配慮した「ペットの気持ち住宅」仕様にしたいという声が上がりまして、「ペットの気持ち住宅リフォーム」事業がスタートします。
既存住宅をどうやって安心安全にペットと共に暮らせるかを試行錯誤した上で1つの結論に達したのが「オリジナル建材」の開発である。100%天然のオリジナル漆喰と無垢材、そしてシロアリ駆除に使用される殺虫剤を人畜無害の;ホウ酸;に変更するだけで既存住宅のあらゆる害から家族を救うことに成功しました。
加えて、既存住宅の集成材や防腐剤を特殊な工法で抑制することでペットに害のない「ペットの気持ち住宅リフォーム」を提供できるようになったのです。
令和元年5月7日に販売された書籍「獣医師が認めたペットの気持ち住宅」にも書かれていますが、壁・天井・床と室内だけでも毒が多い既存住宅を躯体そのままに「健康リフォーム」に変更するだけで既存住宅が健康住宅に変わるのです。
今後は「ペットの気持ち住宅」事業を全国の顧客向けにサービスを展開すると同時にFC加盟店も同時募集していきます。

供給過多のマンション経営もペットリフォームで空室率低下で高利回り物件に!

「ペットの気持ちアパート」のサービスのきかっけは、当社にお客様からの問い合わせがあり、「賃貸マンションでペットの気持ち住宅はないのですか?」どうしてもペットを飼いたいけど、普通のフローリングでは床が滑り、ペットが怪我をしやすいので、弊社が提供する床が滑らずペットが関節痛やヘルニアになりやすい。それを解決する配慮したアパートが現状ではないのです。
そのような理由がきっかけとなり、賃貸アパート市場を調べると従来の新建材を使用したアパートはたくさん建っているものの、健康に配慮したアパートは1件もない。そこで「ペットの健康を重視したアパート事業」のサービスを開始することになりました。
ペットの気持ち住宅は一戸建てや分譲マンションだけではなく、賃貸に住まれる方にも本来は提供されるべきだと思います。また、供給過多の賃貸市場の差別化にも繋がりますので、空室率が他物件よりも低い可能性があり、家賃も高く設定出来るのです。従いまして長期で見ても、投資利回りが他の物件よりも割合がよく、競争力のあるアパート事業となるのです。
2015年半ばくらいから立地的に人気が高いはずの東京23区内、神奈川県内でのアパート(木造、軽量鉄骨造)空室率がじりじりと上昇している。今年5月に不動産調査会社が発表した調査によると、東京23区の空室率は約34%に達し、神奈川県ではなんと35%を超える。一方、空室率が上昇し続ける中、圧倒的な人気を集める物件も少なからずあるのも事実。そんな中で相場より家賃が1~2万円高いにもかかわらず、ペットの気持ち住宅の健康仕様にするだけで部屋探しをする人が少ない昨年7~8月に、情報解禁からの20日間で全国のアパートオーナーから95件の問い合わせが入ったペットの気持ちアパート。
業界では2022年問題が注目されていますが、差別化出来ている物件なら2022年以降も入居者やオーナーに支持される市場にあるということです。そんな賃貸市場ですが、住宅業界で健康に拘り続ける弊社がアパート事業でも無添加に拘り続けて、家族の安全を柱に新たな市場として参入することで、販路拡大のチャンスと考えております。

■サービス概要

「ペットの気持ち住宅」の主なサービス内容
・住むだけでペットの健康を担保
・ペットの気持ちリフォームで既存住宅を健康仕様に変更
・ペットの気持ちアパートで入居率UPを提供
・ペットアトピーやダニも建材のみで解決
・住むだけで血圧数値を平常にする
・血流が安定し、毛並みが美しくなります
・安心して、手間なく家族の健康を守れる
・室内の全ての水を浄水するから安全環境
・開発した建材は電気代も節約
・空室率が下がり、高利回り物件に変貌
・病気知らずで病院代も節約

2019年6月15日よりサービス開始。
費用:新築の坪単価65万円〜  リフォームは5万円〜
お申込み方法:ホームページまたはお電話からお問い合わせ下さい。

【公式サイト】
https://www.mutenkasengen.jp/

配信元企業:株式会社エグゼスタイル
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

tags