愛犬がため息をつくのはどんな気持ち?

愛犬と一緒に暮らしている時に聞いたことがある人も多いと思います。
「ふぅ~。」と聞こえる愛犬のため息…。
何か不満があるのかな?
などと不安になる人もいるのではないでしょうか?

愛犬がつくため息はこんな気持ちでした♪

メイン写真:わんにゃんフォトコンテスト タイちゃん

犬がため息をつくのはなんで?

わんにゃんフォトコンテスト おはぎちゃん

犬がため息をつくとき、それは私たち人と同じような理由でため息をついていると考えられています。

私たち、人がため息をつくときを思い出してください。
・疲れたとき
・お腹いっぱいごはんを食べて満足したとき
・リラックスしているとき
・がっかりしたとき
その時々の感情や心理状況によって、ため息がでますよね。

犬も人と同じ感情で、ため息をつくのです。

犬がため息をつくときの気持ち

愛犬がため息をつくときの気持ち、愛犬をよく観察するとだんだん理解できるかもしれません♪

リラックスのため息

飼い主さんの膝の上でリラックスしているとき。
または撫でられているとき。
ごはんを食べた直後。
この時のため息は、リラックスして満足感を得ているため息です。

目を閉じてため息をついていた場合は幸せを感じていますので、急に話しかけたりしないようにしてあげてくださいね。

ストレスのため息

わんにゃんフォトコンテスト のんちゃん

寝ようとしていたら邪魔をされて眠れなかった。
お散歩に行けると思ってワクワクしていたのに、お散歩に連れて行ってもらえなかった。
知らない来客が家に来て、沢山可愛がってもらえると思っていたらそんなに構ってもらえなかった。

このような時に出るため息は、がっかりしている、ストレスを感じている、居心地が悪い、と感じています。

構ってほしいため息

何度もため息をつく場合。
飼い主さんの顔を見てため息をしている。
そのような時は構ってほしくてわざとため息をついている可能性が高いでしょう。

不満そうにしている時、飼い主の顔を見てため息をついている場合は、名前を呼んで少し構ってあげたりすると満足する愛犬が多いようです。

短いフンッフンッという鼻息は?

たまに聞こえるため息ではない愛犬のフンッ、という鼻息。
これは、不満があるときの鼻息です。
要求があるのに分かって貰えない。
という気持ちの表れです。

短い鼻息が聞こえたら愛犬が何を要求しているのか、何に不満を感じているのか汲み取ってあげましょう。

まとめ

「愛犬がため息をつくのはどんな気持ち?」はいかがでしたか?
犬も人のように感情でため息をついていると思うと、親近感がわいて可愛らしいですよね。

愛犬がため息をついている時は、その時の気持ちを汲み取ってあげましょう♪