ミニチュアダックスの性格と飼うときの注意点

ミニチュアダックスは、胴長とたれ耳、そして短い脚がチャームポイントの、ペットとして人気の高い犬種です。 長毛種と短毛種、毛色なども様々です。 そんなミニチュアダックスの特徴や、飼うときのポイントをチェックしておきましょう。


via pixabay.com

ミニチュアダックスの紹介

ミニチュアダックスはとても元気なワンちゃんです。

遊ぶのが大好きな子が多く、時間や曜日を決めて遊んであげるととても喜びます。

ミニチュアダックスは頑固な性格なので、自己主張が強く「こうしたい!」と訴えても、それが悪いことの場合は「それはダメ。」ときちんと教えてあげましょう。

ミニチュアダックスは賢いので一度悪いことを覚えてしまうと、なかなか忘れないので何度も繰り返してしまうことがあります。

毎日楽しく一緒に遊んであげることも大切ですが、飼い主さんがダメなことはダメだときちんしつける必要があります。

長毛種の場合は、小まめにブラッシングをする必要があるため、ブラッシングをする時間がない方や自信のない方は短毛種を選ぶと良いでしょう。

ミニチュアダックスの性格

ミニチュアダックスは、とても活発で陽気な性格をしています。

少しの失敗ではめげないポジティブな性格を持ち主です。

ミニチュアダックスと一緒に過ごせば、明るく朗らかな日々を送ることができるでしょう。

ただし性格上の注意点として、やや頑固で自立心が強いため、甘やかしてしまうと、無駄吠えやいたずらグセが抜けにくくなってしまいます。

しつけについて問題があった場合には自分一人で抱え込まず、少しでも疑問や不安を感じたら、ペットショップの店員さんやドッグトレーナーに相談するようにしましょう。

ミニチュアダックスの健康上の注意点

ミニチュアダックスは、短足の犬のため、椎間板ヘルニアに注意する必要があります。

予防のために、成長期にしっかりとした筋肉をつけさせる必要があります。

遊び好きな犬種ですから、遊びとトレーニングを一緒に行うと良いでしょう。

また、太らせないことも大切です。

餌やおやつを低カロリーのものにして、カロリーを取りすぎないように気を付けましょう。

短足であるため地面との距離が短く、夏のアスファルトの熱気に弱いため、熱中症にも気を配りましょう。

夏場は朝晩の涼しい時間帯に散歩したり、散歩の時間を短くして、代わりに空調の効いた涼しい部屋で遊ぶ時間を増やすしてあげましょう。

まとめ

ミニチュアダックスはサイズ感や性格的には、比較的飼いやすい犬種です。

しかし、椎間板ヘルニアなどミニチュアダックス特有の病気があるので、気を付けてあげる必要があります。

長毛種の場合、自分でブラッシングができない場合、小まめにトリミングに行くのも良いでしょう。

ミニチュアダックスを飼ったら、きっと明るく朗らかな毎日を過ごすことができるでしょう。