一人暮らしで猫を飼うときに心がけておきたいポイントとは?

「一人暮らしでも猫って飼えるのかな…?」そんな悩みが原因で、猫を飼う決断が下せていない人は多いと思います。しかし、いくつかのポイントに注意を払えば、一人暮らしでも問題なく猫を飼うことができるのです。
そこで今回は、一人暮らしで猫を飼うときに注意すべきポイントについてご紹介します。

猫を飼う時にかかるお金

まず、何よりも重要なのは「経済面」でしょう。どれだけ「飼いたい!」という気持ちが強くても、実際にはそれなりのお金が必要となるのが現実だからです。ですから、まずは「ちゃんと飼っていけるだけの経済力が自分にあるのか」という点を客観的に判断してみることをおすすめします。
具体的にかかる費用としては、食器やトイレ、キャットタワーなどのグッズで約5万円程度。ワクチン接種にかかる費用として3,000円から1万円程度。避妊・去勢手術をする場合は、避妊手術で2万5千円程度、去勢手術で1万5千円程度。保険に加入する場合は、おおよそ月1,000円から2,000円。そして、毎月の飼育にかかる費用は月5,000円前後と言われています。

爪とぎ器は必須!

猫を飼育するにあたって、爪とぎ器は欠かせません。何故なら、爪とぎは猫にとって「ストレス解消」のための重要な行為だからです。そのため、爪とぎ器がないと、ストレスが溜まってしまい、最悪の場合、健康状態にも影響を与えかねません。
また、爪とぎ器が用意されていないと、家の壁や家具などを使って爪とぎをしてしまう可能性もあります。一人暮らしをする人の大半は「賃貸」だと思いますので、家の壁を傷つけないようにするためにも、爪とぎ器は必ず用意しましょう。

家に居られるときはできる限りスキンシップを

猫は基本的に夜行性で、なおかつ独立して生活する生き物です。しかし、だからと言ってスキンシップをとってあげないと、寂しさを覚えてしまいます。ですから、家にいるときはできる限りスキンシップをとってあげるように心がけましょう。昼間は寝ていることが多いと思いますので、夜帰宅してから寝るまでの間などに、スキンシップの時間を確保してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したポイントを押さえれば、一人暮らしでも問題なく猫を飼うことができます。「一人暮らしだから…」という理由で飼うことをためらっていたのであれば、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。