あなたはどっちのタイプの犬と暮らしたい?”ゆったり犬”と”アクティブ犬”

犬を飼う目的としては、寂しいから一緒に生活するのに憧れたからなどあります。なかには癒されたいから、思いっきり外で触れあいたいからなどという場合もあるでしょう。ただ犬にもゆったりとした性格、または活動的な性格がありますので、あなたの目的に応じてどの犬にすべきか選ぶべきです。

ペットは最大の癒やし効果がある

ペットは触れあうと癒し効果を発揮し、飼い主に幸福感をもたらしたり、リラックスさせたり、ストレスを解消させたりします。気持ちも穏やかにしてくれますので、忙しい中で生活している人には、ペットはとても良いパートナーです。ただ、可愛がって愛でたいのか、それとも一緒に外で思いっきり走ったりしたいのか、どのような目的なのかで、ペットも選ばないとなりません。性格は大きく分けてゆったりしているか、アクティブかのどっちかのタイプです。

ゆったりした性格の犬

ゆったりとした性格の犬としては、シーズーやパグなどがあります。一緒にゆっくりとした時間を過ごしたり、撫でたり抱いたりして可愛がったり、まるで赤ん坊を扱うように愛でたい人におすすめです。ゆったりした性格だと、あまり散歩させる必要もないので、家の中で遊んで運動するだけでも十分運動量を確保できることも多いです。小さくよちよちよ歩くような姿はとても可愛く、見ているだけでも癒されます。

アクティブな性格の犬

アクティブな性格の犬としては、ボーダーコリーやラブラドールレトリバーになります。やはり一緒に外で駆け回ったり、フリスビーを使って遊んだりと、積極的に一緒に動いて癒されたい方におすすめです。駆け回り一緒に体を動かすとストレス発散にもなり、飼い主自身の運動不足も解消できます。ただこのような大型犬は、運動が沢山必要なので、1日1時間や2時間の散歩は必要であり、その時間を確保できない方にはおすすめ出来ません。運動をさせないとストレスを溜めて、無駄吠えや問題行動を起こすので、飼うのが大変になります。

色々な種類の犬がおり、性格も様々です。是非とも性格やどのぐらい運動を必要か、しつけはしやすいのかなどを知ってから飼ってみましょう。癒されたいだけで飼うと、後から大変苦労することになります。