愛犬が地面や気になるものに体をすりすり…ついつい体をこすりつけてしまう5つの理由

愛犬が地面や気になるものに体をすりすり…ついつい体をこすりつけてしまう5つの理由

犬の行動でたまに見かける、地面にすりすりと体をこすりつける行為…
飼い主としては、汚れちゃうからやめてー!
という気持ちになりますよね。

でも愛犬は、飼い主を困らせたくてしているわけではないんです。
愛犬なりのしっかりとした、すりすりする理由があるんですよ。

今回は、愛犬が地面に体をこすりつける5つの理由をご紹介します。

愛犬が地面に体をこすりつける5つの理由

1.自分のにおいを消す

おそらくこれは聞いたことがある人も多いと思います。
野生のオオカミは、狩りをするために土やミミズなどに体をこすりつけて、自分の獣臭、オオカミ特有のにおいをカモフラージュしていました。

その本能から自分のニオイが気になるとスリスリして、カモフラージュしはじめると言われています。

2.気に入ったもの

犬は、クサいものが好き。
と思われがちですよね。

お父さんの靴下にスリスリして~!臭いのに~!
ということをドッグランなどで聞いたことがあります。
(本当に臭いかどうかは分かりません)

ただ、それだけでなく得体の知れないものにスリスリしていたり、家でクッションにスリスリしている場合は、自分のニオイをつけてこれは自分の!とアピールしていると言われています。

3.モテるため

未避妊のおんなのこや去勢していないおとこのこに多い行動です。
ニオイの強いもの、虫の死骸や魚、腐った生ごみなどに体をこすりつけ、異性の気を引こうとします。

犬同士の中で1番モテる子は、みみずのニオイを常にまとっている子だとか?!(笑)

4.初めて嗅ぐカオリ

愛犬が今まで嗅いだことのないカオリや疑問を持つニオイに対しては、とりあえず体にこすりつけて、仲間にニオイを嗅いで貰おうと思うようです。

これも野生の名残と言われており、獲物の糞のニオイや自分ではわからないもののニオイを体にこすりつけて持ち帰り、他のオオカミや犬にニオイを嗅いで貰って情報を伝えていたそうです。

5.飼い主さんの反応を見て

特にスリスリをしたいわけじゃないけど、このスリスリする行動を飼い主さんに見せると飼い主さんが楽しそう。
というサービス精神でこの行動を行うわんちゃんもいるようですよ。

スリスリしている様子を見て、困った顔して笑ったり「あーダメダメ」と声をかけたりすると構ってくれる、話しかけてくれる!
という気持ちで何度も何度も行うようになるそうです。

スリスリする行為をやめてほしい場合

愛犬なりの本能とも言える行動ですので、やめさせるのは難しいと思います。

ただ、お散歩中にスリスリしそうになったら軽くリードを引いたりおやつなどを上手に使い、気をそらすことはできます。
ドッグランなどの広い場所ではなかなか制御が難しいことはあります。

シャンプーをこまめにすると、それはそれでシャンプーの香りを消すためにスリスリ回数が増える可能性がありますので、シャンプーをするときもほどほどにしてあげてくださいね。

飼い主としてはシャンプーの時にしっかり洗いたい!
と思うかもしれませんが、軽くお湯で流す程度にしてシャンプーもつけすぎず洗ってにおいを軽く残してあげると良いでしょう。

まとめ

「愛犬が地面や気になるものに体をすりすり…ついつい体をこすりつけてしまう5つの理由」はいかがでしたか?

こんなに沢山の理由があったんだ!
とびっくりした人も多いのではないでしょうか。

愛犬がスリスリしているときは、慌てて止めたくもなりますが愛犬にとっては楽しい至福のひと時でもあるのです。
暖かい気持ちで見守りつつ、帰宅後にシャンプータオルで拭くなどの工夫をすると良いかもしれませんね。

著者:miki.m

tags