犬を飼ったらできなくなる5つのこと

犬と暮らしたいなぁ。
冬休みの間に犬を我が家にお迎えして、仕事が休みの間に犬のしつけをして…
と考える人も多いのではないでしょうか。

はたして、そんな計画通りにいくのでしょうか?
犬を飼うということは、子どもが1人増えることと大して変わらないぐらいの時間とお金がかかります。
生きている命はやっぱりいらない、ではすまされません。

今回は、犬を飼うとできなくなる5つの項目をご紹介したいと思います。

犬を飼うとできなくなる5つのこと

1.旅行

旅行好きという人も多いのではないでしょうか。

犬を飼うと、気軽に旅行に行けなくなります。
今は、ペット可の宿は増えつつありますがまだまだ限られています。
週末や連休の時に温泉にふらっと行こう、ということができなくなります。

飛行機に乗るにも愛犬連れでは、手間も時間もかかりますし夏の時期によっては飛行機に乗れないこともあります。
犬連れで旅行というのは、色々準備が必要ですのですぐに旅行に行きたい時に行けなくなります。

2.飲み会

お酒が大好きで、週末は飲みに行くという人もいますよね。

犬を飼っていると、お散歩や犬のごはんのことを考えて夜遅くまで外出ができなくなります。
家でひたすら帰りを待っている子のことを考えると気ままに楽しめなくなるのです。

結果、好きだったお酒もそんなに飲まなくなることから健康的にもなります。

3.朝の二度寝

朝の二度寝ほど気持ち良いものは、この世に存在しないのではないかと思ってます…笑

平日は、仕事の前に朝のお散歩に行きますよね。
毎日それを習慣化して行うことで、休日であっても犬は朝のお散歩に行けると思います。
飼い主の都合を理解することはできないので、気持ち良い休日の朝の二度寝も犬がいるとできなくなります。

4.趣味

土日には、趣味に時間をかけたい、趣味にお金をかけたいという人も多いと思います。
しかし、犬を飼うということはフード代だけでなく動物病院のワクチン代やその他犬用品でもお金がかかります。

もし、病気や怪我をしてしまったら動物病院に通院が必要になります。
楽しかったはずの趣味に時間を費やしたりすることもだんだんとできなくなるのです。

5.自由な時間

犬を飼うということは、命を預かるということです。
犬の一生は、全て飼い主によって左右されます。

犬には教えなくてはいけないことが沢山あります。
トイレのしつけからお散歩中に引っ張り続けてはいけない、他の犬や人との接し方、お留守番中の愛犬の過ごし方、あげるときりがありません。

仕事から帰宅して、愛犬に癒されようと思うと部屋が散らかされまくっていることもあります。
しかし、それを見て叱ってはいけません。
それだけ寂しい想いをさせてしまったのだと思ってください。

犬を飼うということは、想像以上に時間もお金もかかります。
自由な時間がほとんどなくなるといっても過言ではありません。

まとめ

「犬を飼ったらできなくなる5つのこと」はいかがでしたか?

今の時期は、ペットショップでもクリスマスセールやお正月セールが開催される時期です。

犬は犬種にもよりますが短い子でも10年、長生きな子であれば20年近く生きるのです。
その寿命を長いと思うのか、短いと思うのかは人それぞれですがその時の感情だけで犬を迎えないようによく考えてください。

関連記事

犬と暮らすためには、年間いくらかかるか知っていますか?【年間費用平均】

犬と暮らす12のメリット

犬や猫を家にお迎えする前にするべきこと【前編】

犬や猫を家にお迎えする前にするべきこと【後編】

著者:miki.m