犬と一緒に出かけたい!紅葉の名所3選:関東編

秋のおでかけスポットの代表格といえば、紅葉ですね!
「せっかく犬を飼っているのだから、家族の一員として一緒に紅葉を見に行きたい!」
今回は、そんな希望を叶えられる「紅葉の名所」"関東編"として、首都圏からアクセスしやすいおすすめスポットを3つご紹介していきます。

国営昭和記念公園(東京都)

1つ目にご紹介するのは、東京都立川市にある「国営昭和記念公園」です。国営昭和記念公園は紅葉の名所として知られているスポットですが、公園内にドッグランも併設されています。そのため、犬と一緒に紅葉を楽しむことができるのです。

また、ドッグランには「ドッグライフカウンセラー」の資格を持つスタッフもいるため、悩み相談などを持ちかけることもできます。ドッグライフカウンセラーは、「健康管理」や「飼育管理」、「マナー啓発」など、さまざまな分野の知識を持っていますので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

ちなみに、ドッグランの利用には「狂犬病予防接種注射票または狂犬病予防接種注射済証」、「三種以上混合ワクチン予防接種証明書」の2点が必要になりますので、ご注意ください。

筑波山(茨城県)

2つ目にご紹介するのは、茨城県の筑波山です。筑波山には、全長1,634mの「筑波山ケーブルカー」や、全長1,296mの「筑波山ロープフェー」があり、気軽に山頂まで登ることができます。また、これらの乗り物はペット同伴で乗車することができますので、ペットと一緒に紅葉を楽しむことができるのです。

注意点としては、ペットを乗せる場合には片道200円の料金が必要であること。また、専用のキャリーゲージに入れて乗車しなければならない点です。ただ、キャリーゲージを持っていない場合は、無料で借りることができますのでご安心ください。

那須高原(栃木県)

そして3つ目にご紹介するのは、栃木県の那須高原です。ご存知の方も多いかと思いますが、自然豊かな那須高原では、ペットとも一緒に楽しむことができるスポットが多数あります。たとえば、「りんどう湖ファミリー牧場」は同伴のペットの入場料が無料ですし、「那須どうぶつ王国」でも犬を連れて入場することができます。とくに那須どうぶつ王国は、紅葉の名所としても知られていますので、様々な動物とふれあいながら、見事な紅葉を楽しむことができるでしょう。

まとめ

このように、関東には犬と一緒に紅葉を楽しめる名所が数多く存在します。ぜひ、犬と一緒に足を運んでみてはいかがでしょうか。