犬の前で吸わないで!犬だってタバコは嫌なんです

飼い主さんの中には、タバコを吸う方もいらっしゃいます。 「タバコの煙」が、人体へ害を与えるといわれていますが、実は犬の体にも悪影響を及ぼしているのをご存知でしょうか? 今回はタバコが犬に与える害や、その症状についてご紹介します。


via pixabay.com

喫煙が犬に与える害とは?

喫煙で一番問題なのが「副流煙」です。

副流煙が人体へ与える影響が問題になり、今では飲食店などでも分煙になり、路上での喫煙も禁止地域も多く出てきました。

この副流煙は犬にも害を及ぼします。

犬が副流煙を吸うと、発がん率は“約1.6倍”になるといわれるほどです。

副流煙を吸い込んだ初期症状は、咳が出たり、鼻の周りが腫れたり、くしゃみや喘息を引き起こします。

重篤になると気管支炎や副鼻腔ガン、肺ガンを発症し、死に至るケースもあります。

犬にとっても、タバコによる健康被害のリスクはとても高いのです。

どんな犬種がタバコの影響を受けやすい?

コリーや、ボルゾイなど鼻先が長い「長頭犬種」は、鼻がフィルターの役割を果たしています。

そのため、副流煙を吸っても、肺まで入りませんが、副鼻腔ガンになりやすいといわれています。

反対に、パグやブルドックなどの鼻が短い「短頭犬種」は、鼻がフィルターの役割をしないため、煙が直接肺に入り、肺ガンのリスクが高くなります。

また、体高の高いゴールデンレトリバーや、ドーベルマンなどに比べて、体が低いコーギーやダックスフンドは副流煙の影響を受けやすいといわれています。

副流煙に含まれる有害な物質は空気より重く、床に沈殿するので、体高が低い犬ほど影響を受けや
すいようです。

煙だけじゃない!タバコの誤飲や中毒性について

タバコの煙だけが問題視されがちですが、実は吸い殻を誤飲することによる健康被害の方が危険です。

タバコの誤飲は、ニコチンが全て体に吸収され、ニコチン中毒にかかる可能性があります。

特に子犬は口に入れて、何でも口に入れて認識しようとします。

絶対に子犬が届く場所に置かないようにしましょう。

犬の中毒症状としては、興奮、震え、けいれん、嘔吐、下痢、血便、血尿、幻覚などの症状があげられます。

万が一吸い殻を飲み込んでしまった場合は、水を飲ませて吐かせようとせず、すぐに動物病院へ連れて行ってください。

まとめ

犬の健康を守るためにも、飼い主さんはタバコを吸う場所に気をつけましょう。

また、手が届く範囲にタバコを置いておくのは危険です。

高い場所などに置き、万が一誤飲しても、吐き出させるのではなく、動物病院に連れていくようにしましょう。

飼い主さんの健康と、犬の健康のためにも喫煙方法については十分気をつけてください。インになるはずです。