チョコレートを食べてしまった!どう対処すればよいの?!

2月は、バレンタインの季節です。
既にチョコレートを買っている女性も多いのではないでしょうか?
2月はチョコレートの誤飲が急増する季節です。

2月はチョコレートの誤飲が急増!チョコレート中毒とは

気を付けていたけれども食べてしまった!

「あっ!食べちゃった!どうしよう?!」
そんな時の対処法をいくつか紹介します。

チョコレートを食べてしまった時間帯を確認

食べてすぐの場合は、犬の口の匂いを嗅いだり、歯を確認すると、口に入れた瞬間チョコレートが口の熱で溶けて、歯にチョコがついていることがあります。

迷わず動物病院へ

少量だから大丈夫。と、素人判断はしてはいけません。
・何時ぐらいに食べた(推測の場合も伝える)
・量はどれぐらい食べた(残っている量を確認)
・チョコレートに含まれるカカオパーセンテージ
・アルコール成分が入っているチョコレートか否か
・今の犬の状態(ぐったりしている、元気にしている等)

この5点は、必ず獣医師の先生に伝えましょう。
治療内容が変わってくることがあります。

動物病院が開いていない時間帯の場合

犬の様子をよく確認し、ぐったりしていなければまだカカオ成分は体内に吸収されてはいません。

沢山水分を飲ませて、少しでも吸収されるカカオ成分を減らしましょう。
はい、水飲んで!!と、言っても犬は素直に飲んでくれませんよね。
水を飲ませるためにはちょっとした工夫が必要です。

犬に水を飲ませるために

水を飲ませるためには、ちょっとした工夫が必要ですが、難しいことではありません。

お肉の茹で汁を使用

お肉を茹でて、その茹で汁に水を入れると肉の旨味が詰まった水になり、犬は沢山飲んでくれます。
犬の食いつきは抜群ですが、少し手間がかかります。

ヨーグルト水

1番手軽です。
自宅にあるヨーグルトを水で薄めて溶かします。水にほんのりと色がつく程度でOKです。
ヨーグルトは無糖を使用しましょう。

トリーツ(おやつ)を使用

トリーツ(おやつ)を砕いて、水に沈めて水を飲みきったらトリーツ(おやつ)が食べられる。と犬に思わせましょう。

水を沢山飲ませて、嘔吐する場合もあります。

犬は嘔吐したものをすぐに食べる習性があることもあります。
嘔吐したものは、食べないように気を付けましょう。

チョコレートが丸ごと嘔吐されて、これで安心。
とは思わず、翌日には確認も兼ねて動物病院へ行きましょう。

チョコレートを食べてぐったりしている場合

すぐに救急動物病院へ行ってください。
ぐったりしている時は、水を飲む余裕もないことが多いため上記に記載した水の用意をするのではなく、すぐに救急動物病院へ急ぎましょう。

絶対やめて!昔の荒治療

昔の荒治療は、薬を使用せず犬に無理矢理、嘔吐させる方法をしていたこともありました。

その方法は、塩を大量に使用することです。
塩を犬の口に入れて、むせさせて嘔吐させる方法。
など、昔の荒治療が今でもインターネット上に出てくることがあります。

絶対にやめてください。

塩分過多による、腎臓疾患や心臓疾患などの病気になる可能性があります。
非常に危険です。

まとめ

犬がチョコレートを食べてしまった時の対処法をご紹介しましたが、この対処法はチョコレートだけでなく他にも犬が食べてはいけないものを食べてしまった時にも活用できる方法です。

くれぐれも大切な愛犬に苦しい思いをさせないためにも保管場所には、気を付けましょう。
愛犬ちゃんのいたずらに気をつけて、楽しいバレンタインをお過ごしください♪