元気の無いワンちゃんには、栄養豊富な鶏レバーをあげてみて!

いつも元気なワンちゃんが最近なんだか調子が悪そう…。 そんな時は飼い主さんもどうしたら良いかわからず心配になってしまいます。 実は元気がないように見える時は、栄養不足になってしまっていることがあるのです。 カロリーだけではなく必要な栄養がとれる、オススメの鶏レバーをご紹介します。

via pixabay.com

栄養が豊富な鶏レバー

ワンちゃんの元気がない時、通常の食事に加えて他の栄養分を与えようと、サプリメントの使用を考える方がいます。

しかし、特定の成分を多く含んだサプリメントは扱いが難しく、過剰摂取などの心配があるため、できれば普通の食べ物から栄養を与えてあげることがオススメです。

そこでオススメの食べ物が「鶏レバー」です。

鶏肉はほとんどのワンちゃんが大好きなので、食欲が落ちていても喜んで食べてくれます。

鶏のレバーには豊富なビタミンが含まれており、特に貧血予防に必要な鉄分がたくさん含まれています。

薬やサプリメントを使う前に、まずは普通の食べ物で改善をしてみてはいかがでしょうか?

どんな時に食べさせるべきか

鶏レバーがいくらワンちゃんの体に良いといっても、一度にたくさん食べさせるという事ではありません。

少しずつ継続して食べられるようにしてあげるのがオススメです。

一度に必要以上の栄養素を摂取しても、全てが体に吸収されることはなく、排出されてしまいます。

毎日適量を、フードに混ぜたり、おやつとして食べさせてあげるのが良いでしょう。

特に老犬の場合、栄養の摂取は必要ですが、食が細くなっていくため一度にたくさん食べることはできません。

老犬のペースに合わせて、少なめの量を食べさせてあげましょう。

また元気が無く吐いているような場合は、無理に食べさせないようにしましょう。

吐く症状が治まり、落ち着いてから食べさせてあげてください。

鶏レバーの与え方

ビタミンA,B、鉄分など体に必要な栄養が豊富に含まれ、さらに低脂肪といううれしい食材である鶏レバーは、毎日少しずつ食べさせてあげましょう。

買ってきた鶏レバーは生で与えるのではなく、水で洗って軽くゆでます。

人間の場合、レバーは臭みを抜くために下ごしらえをしないと食べられませんが、犬の場合はその臭みも美味しさの要素になるようです。

すぐに食べない分は小分けして冷凍しておくと、後で使いやすいでしょう。

フードに混ぜてあげるのも喜びますし、ちょっとだけおやつにしてあげても喜びます。

安心してあげられるものを選ぼう

元気が無いときに与える食材として鶏レバーを選ぶなら、人間でも食べられる安心で新鮮なものを選んであげましょう。

体が弱っていると、古い食材などが胃腸に影響しやすくなるからです。

こういった点に気を付けて、ワンちゃんの大好きな鶏レバーで栄養不足を補ってあげましょう。