ワンちゃんは乾燥肌!保湿方法をご紹介!

ワンちゃんの皮膚の健康状態、ちゃんとチェックしてますか? 実はワンちゃんの肌は、毛で覆われていても乾燥にとても弱いのです。 ワンちゃんの肌を乾燥からしっかり守ってあげましょう!


via pixabay.com

犬の肌は乾燥に弱い!

犬の肌は、とても乾燥に弱いんです!

皮膚の厚さは人間の3分の1という薄さで、とても敏感で弱い肌をしてます。

皮膚が乾燥すると、歯で「ガジガジ」と噛んだり、後ろ脚で何度もかいてしまい、皮膚病になってしまうことがあります。

このような行動が頻繁に見られたら、気にしている場所の皮膚を見てあげてください。

赤くなっていたり、かぶれていたらすぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

犬のお肌の乾燥対策は?

1. 部屋の湿度を保つ

冬場は特に空気が乾燥するので、犬の皮膚も乾燥しやすくなります。

乾燥しないように部屋の湿度を40%〜60%に保ってあげましょう。

加湿器などを使うと、乾燥を防ぐことができます。

2. 保湿クリームやオイルの使用

乾燥はお肌の大敵です。

人間の女性のようですが、実は犬も保湿が大切です。

保湿クリームは、人間用だと皮膚への負担が大きいため、犬用のオイルや保湿クリームを使ってあげましょう。

3. ブラッシング

ブラッシングはこまめにしてあげましょう。

ブラッシングをしてあげることで、毛の絡まりが取れて毛の根元に空気の層ができます。

空気の層は保湿、保温効果があるため、乾燥肌になりにくくなります。

4. シャンプー

冬場は寒いからといってシャンプーをしないと、毛の根元が汚れて皮膚病の原因になってしまいます。

シャンプーは1ヶ月に1度はおこない、皮膚の新陳代謝を促進してあげましょう。

もちろんシャンプーは犬用を使ってあげましょう。皮膚を傷めないようにしてください!

5. バランスの良い食事

犬の肌の保湿効果を高めるためには、バランスの良い食事が大切です。

良質の皮脂を与えるとより効果的です。

シャンプーやクリームオイルの選び方

犬のシャンプーやオイルは、犬が舐めても大丈夫なものを選ぶようにしましょう。

馬油やオリーブオイル、椿オイルなど自然由来のものが、皮膚への負担も少なくおすすめです。

まとめ

ワンちゃんの皮膚も、人間と同じように乾燥します。

普段は毛で覆われている皮膚はとても弱く、乾燥することで皮膚病になってしまう場合があります。

ワンちゃんの肌を守るために、シャンプーやオイルを使って乾燥から守ってあげましょう。