歯磨きしなきゃ!ねこちゃんだって歯周病になる!

人間には虫歯や歯周病がありますが、ネコちゃんにも虫歯があるのでしょうか? また、どういったケースでなってしまうのか? 飼い主さんはしっかりと把握して、気をつけてあげましょう。


via photo-ac.com

ネコは虫歯になりにくい?

もともと肉食動物のネコは虫歯になりにくいといわれています。

肉は口の中で分解されるとアルカリ性になるので、口の中が虫歯の原因となる酸性になりづらいといわれています。

また、ネコの歯は人間の歯のようにキッチリと並んでいないため、虫歯の原因となる食べカスが歯に付きづらいのも特徴です。

ネコの歯が黒くなるのはなぜ?

虫歯になりにくいというネコですが、歯が黒くなっているネコもいます。

歯が黒くなるのは、歯が欠けたり、折れたりした箇所に歯石がたまり、黒く変色することで起こります。

硬いものを噛んだり、ネコ同士でじゃれあっている時に、無意識に歯を傷つけて、欠けてしまいます。

歯石が溜まっても、人間のように虫歯になるリスクは無いといわれていますが、歯石が原因で「歯周病」になってしまうケースがあります。

飼い主さんは、歯が黒くなっていないかチェックをしてあげましょう。歯が黒くなっている場合は、悪化しないようにすることが大切です。

ネコの歯周病って?

歯周病は人間にもある歯の病気です。

放っておくと歯を骨から溶かし、歯を失ってしまう場合もあります。

歯周病は歯に付着した「歯石」が原因で、歯茎に炎症が起こり発症します。

歯周病になると歯がグラグラしたり、歯茎が腫れるなどの症状がでますが、ネコにも同じ症状がでてきます。

進行した歯周病を治療するのはとても大変で、歯を抜く手術や全身麻酔が必要になる場合もあり、ネコにとっては負担がかなり大きくなります。

予防法は、歯垢をきれいに取り除いてあげる事ですが、表面の歯垢だけ取り除いても意味がありません。

歯肉に入り込んだ歯垢を取り除く必要がありますので、歯科治療を行っている動物病院を受診しましょう。

嫌がってもネコちゃんのために定期的にしてあげましょう。

まとめ

人間と同じようにネコちゃんにも「歯周病」があるので、歯石をためないようにしたり、こまめに歯ブラシでケアすることが大切です。

定期的に口の中を見てあげることで、予防することができます。

口の中を触られると嫌がるネコが多いので、「デンタルおやつ」をあげるのもおすすめです。