豆柴犬のかかりやすい病気とその予防、治療方法【獣医師が執筆】

豆柴犬のかかりやすい病気とその予防、治療方法【獣医師が執筆】

豆柴犬のかかりやすい病気の傾向

豆柴犬は小さな柴犬のことであり、特定の犬種ではありません。しかし、いつまでたっても子犬のようなかわいらしい外見から、とても人気があります。

そんな豆柴犬のかかりやすい病気は、柴犬のかかりやすい病気と同じで、犬アトピー性皮膚炎、膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニア、緑内障などが挙げられます。今回はこれらの病気について解説します。

豆柴犬のかかりやすい病気の概要と症状

犬アトピー性皮膚炎

「犬アトピー性皮膚炎」は、“環境アレルゲンに対するIgEが関連した特徴的な症状とかゆみを伴う皮膚炎”と定義されます。皮膚炎は、柴犬によく見られる病気で、小さい豆柴犬にも見られます。

アレルゲンとはアレルギーの原因となる物質のことです。IgEはタンパク質のひとつで、アレルゲンが体に入ってきたときにそれをやっつけようとして作られます。つまり、アレルギーの原因物質が体に入ってきて、それをやっつけようとIgEが作られることで皮膚症状が出てしまう状態を犬アトピー性皮膚炎と呼ぶのです。

環境アレルゲンとしては、ダニ、カビ、花粉が多く、これらと接触することで首や脇、下腹部や内股に慢性的な皮膚炎が起こります。とてもポピュラーな病気ですが、感染症や食物アレルギーなど、ほかの原因でも皮膚にかゆみや炎症が見らえるため、診断のためにはひとつひとつをきちんと調べる必要があります。

膝蓋骨脱臼

豆柴犬犬のかかりやすい病気、膝蓋骨脱臼
大腿骨(太ももの骨)の端っこの溝に、膝蓋骨という小さな骨が収まっています。膝を曲げ伸ばしするときは、この骨が溝を滑ることで動きを滑らかにしているのですが、膝蓋骨がこの溝から外れてしまう状態を「膝蓋骨脱臼」と呼びます。

脱臼には内側に外れるケースと外側に外れるケースがあり、豆柴犬は内側に外れることが多く見られます。先天的に脱臼しているケースや、成長とともに脱臼しやすくなってしまうケース、けがや事故で脱臼してしまうケースがあります。

膝蓋骨脱臼は、脱臼の重症度によって4段階に分けられ、まったく無症状のものから、たまに脱臼してケンケンするような歩き方になるもの、足をまっすぐ伸ばせなくなり膝を曲げながら歩いたり、足が挙げっぱなしになってしまうものもあります。

先天的なものや成長とともに脱臼するようになった場合は痛みが出ないことが多いですが、けがや事故の場合は痛みが出ます。

椎間板ヘルニア

椎間板は背骨と背骨の間にあるクッションの役割を果たす物質です。電車で例えると連結部のような感じです。背骨の上には脊髄神経という太い神経が走っていますが、椎間板が飛び出して神経を圧迫してしまい、神経症状を起こすのが「椎間板ヘルニア」です。

椎間板ヘルニアは、圧迫する神経の場所や圧迫の程度によってさまざまな症状が見られ、重症度を5段階に分けます。一番軽いのが圧迫部位の痛みだけの症状で、そこから重度になるとふらつき、さらに重度で麻痺が出てきます。同じ麻痺でも自力でおしっこができるか、痛覚が深いところでは残っているかなどで重症度が変わります。

飼っている豆柴犬に麻痺が出ていればお家でもすぐにわかると思いますが、痛みだけだとわかりにくいかもしれません。その場合によく見らえる症状は、急に動かなくなる、動いたときにキャンと鳴いて震えている、ジャンプしなくなった、立ち上がらなくなったなどです。

緑内障

豆柴犬犬のかかりやすい病気、緑内障
動物の「緑内障」は、人間にも発症する高眼圧による緑内障のことで、眼圧が高くなることで正常な眼の機能を維持できなくなってしまった状態です。

眼圧は房水という眼の中の水の動きで調節されており、房水の流れが妨げられてしまうことで眼圧が高くなってしまいます。人間の緑内障は長期間症状を抑えることが可能なタイプもありますが、動物ではコントロールが難しく、最終的に失明してしまうことが多い病気です。

緑内障の症状は、眼の充血、眼が開きにくくなる、瞳孔散大、眼が飛び出したようになる牛眼、失明などがあります。

豆柴犬のかかりやすい病気の治療と予防

豆柴犬のかかりやすい病気の治療と予防

犬アトピー性皮膚炎の予防と治療方法

豆柴犬に限らず犬アトピー性皮膚炎の確実な予防法はありませんが、アレルゲンとの接触を避けることとスキンケアが重要です。

室内のアレルゲンを除去するためには、徹底的な掃除をすることが有効です。カーペットやクッションは置かないようにするか、あるいは、こまめに洗濯をしましょう。スキンケアとしてはシャンプーが有効です。アレルゲンを落としながら保湿もできるようなシャンプーを選びましょう。

また、かゆみがあると引っかいてしまい、皮膚を傷つけてしまうため、かゆみ止めの薬がよく使われます。かゆみ止めには外用薬と内服薬があり、症状に合わせて使い分けます。

膝関節脱臼の予防と治療

先天的な脱臼でなければ、生活環境や運動の仕方に気を付けることで予防が可能です。フローリングのような滑りやすい所で遊んでいて滑って転んでしまったり、小型犬の豆柴犬は、ベッドやソファ、階段の昇り降りで転んでしまったりといったときが脱臼しやすいため、これらを避けましょう。

治療で最も重要なのは、(予防とも重複しますが)膝に負担をかけない生活をすることです。太っていればダイエットをして適性体重を維持します。また、脱臼による関節炎の予防のために、グルコサミンやコンドロイチンが含有された関節用サプリメントを使うこともあります。脱臼が重度だったり、痛みがあったりする場合は外科手術を考慮します。

椎間板ヘルニアの予防と治療

豆柴犬が小型犬でからというわけではなく、腰への負担が大きくなることが椎間板ヘルニアのリスクを上げるため、太っていれば予防としてダイエットをします。

ヘルニアになってしまった場合、症状が軽度であれば、まず内科治療を行います。厳重な安静下で消炎鎮痛剤を与えて経過を観察します。内科治療を行っても症状が改善しない、あるいは最初から症状が重度の場合は外科治療を考慮します。外科治療は脊髄神経を圧迫している椎間板を摘出する手術です。

緑内障の予防と治療

緑内障の確実な予防法はないため、定期的に動物病院を受診して初期の段階で発見してあげることが大事です。

片側の眼に緑内障が発症した場合、反対側の正常な眼にも予防的に点眼をしたところ、そちらの眼が緑内障を発症するまでの時期を伸ばせたというデータがあります。

緑内障の治療は、点眼薬で眼圧を下げることから始めます。眼圧を下げる効果のある抗緑内障薬には多くの種類があり、効果や副作用の有無を見ながら選択します。「急性緑内障」という状態になると、突然眼を痛がったり元気がなくなったりします。飼っている豆柴犬にそうした行動が見られたら緊急性が高いため、すぐに動物病院を受診してください。

豆柴犬のかかりやすい病気のまとめ

豆柴犬だからといって柴犬よりも病気になりやすいというわけではありませんが、体が小さい分、異常を見落とさないようこまめにチェックしてあげましょう。

また、犬アトピー性皮膚炎のように、飼い主が環境面に配慮することで抑えられるものがあります。大切な豆柴犬の健康を守るためにさまざまな可能性を考え、実践してください。

tags