猫の理想体重ってどれぐらい?猫の正しい体重の測り方と肥満のリスクを知ろう。

猫の平均的な体重ってどれぐらいですか?
と、聞かれたときに答えられない飼い主さんも多いのではないでしょうか。

ただ、言えることは家庭で飼われている猫ちゃんの5割以上が肥満体型だということです。
少しぽっちゃりしているぐらいが可愛い。と、思われがちですが、肥満になると様々な病気を引き起こすことも少なくはありません。

今回は、猫の理想体重と猫の体重の測り方についてご紹介したいと思います。

猫の理想体重

猫の理想体重は、3.5~4.8kg前後が理想とされています。
犬は、犬種によって様々なサイズがあり小型犬・中型犬・大型犬という区分に分かれますが、猫はそこまでサイズ感の違いはありません。

猫の種類や元々もっている骨格、オスメスによっても多少の変化はあります。
また、猫の種類のなかでも大型種といわれるラグドールやメインクーン、ノルウェージャンフォレストキャット、ブリティッシュショートヘアなどの平均体重は、5~7.5kgと言われています。

そのため、大型猫種ではない猫の場合は、5kg未満が理想とされるわけですが、6kg以上ある場合は肥満といわれてしまいます。
元々、骨太な子の場合は、体重を少しオーバーしていても問題はないのですが、猫を触った状態で肋骨が触れない場合は肥満という判断になります。(下記画像参照)

 

猫の体重の測り方

では、猫の体重を測ってみよう。
と思い、体重計に乗ってもらおうとすると、すぐにどこかへ行ってしまいますよね。

自宅で愛猫の体重を測る時には、愛猫を抱っこして飼い主さんと一緒に体重計に乗りましょう。
そのあとに自分の体重を引く、という方法が1番簡単です。

キャリーバッグに入れて、測るという方法もありますが、犬と異なりお出かけする習慣のない猫にとってキャリーバッグ内に入ることは動物病院へ連れていかれるのではないか、という恐怖心をあおってしまいますので、あまりおすすめはできません。

肥満になることで発生するリスク

人もそうですが、肥満になると病気になりやすくなります。

・糖尿病
・尿路結石症
・脂肪肝
・肝硬変
・肝リピドーシス
・心筋症
・椎間板ヘルニア

上記の中でも特に気を付けなくてはならないものは、脂肪肝です。
猫が肥満になると、脂肪が肝臓にまでついてしまいます。
脂肪が肝臓につくだけでは、無症状で健康診断等を行ったとしても何も異常結果は見られません。

ただ、肝臓は「グリコーゲン」という栄養を貯めておく場所です。
脂肪肝の猫は、大切な栄養素「グリコーゲン」の放出ができなくなってしまうことがあります。
結果、生きるために必要な栄養素「グリコーゲン」が放出できなくなり、亡くなってしまうことがあります。
血液検査等の健康診断では、脂肪が肝臓についていたとしても異常数値にならないことが多いため気が付かないうちに症状が進行していってしまうこともあります。

場合があります。なんらかの病気にかかって1週間ほど食べられない状況になった場合、見た目では栄養の貯金がありそうな、太った猫の方が案外簡単に死んでしまう事が多いです。

猫のダイエット方法

「うちの子(猫)かなり太ってるのね、じゃあ今日からごはん(フード)をかなり減らさなきゃ。」
と、思ってすぐに実践するのはかなり危険です。

急激な体重の増減は、猫の体にとっては非常に負担になります。
今まで置きっぱなしにしていたのであれば、フードがない時間を作ってみたり、フードのパッケージ裏に記載がある給餌量をあげましょう。

後は、ほどよい運動が必要です。
愛猫の好きなおもちゃで遊んであげたり、猫は夜行性ですので、夜に新しいおもちゃを出してあげると昼間以上に反応して走り回ってくれるかもしれません。

まとめ

「猫の理想体重ってどれぐらい?猫の正しい体重の測り方と肥満のリスクを知ろう。」はいかがでしたか?

愛猫が可愛くて、ついついフードやおやつをあげたくなる気持ちは十分わかりますが、なんでもほどほどが大切です。
可愛いからこそ、長生きしてほしい。と思うのであれば心を鬼にしなくてはいけませんね。

どうしてもあげてしまう…という場合には、フードをダイエット用のものに変更したりヘルシーなものにするのもひとつの手ですよ。

著者:miki.m