ちょっと待って!その食べ物NGじゃない!?

可愛い愛犬、愛猫には家族と同じ食べ物をあげたいですよね。
しかし、なんでも喜んで食べるからといってNGな食べ物も沢山あることをご存知でしょうか?
食べてしまうと病気になり、取り返しのつかなくなる事態になる恐れもあります。
代表的な食べてはいけない食べ物を紹介します。

ネギ類、ニラ、にんにく

食べてはいけない代表的な食べ物ですが、ネギ類にはアリルプロピルジスフィドが含まれており赤血球を壊し真っ赤な尿やうんちをして貧血をおこす可能性があります。

チョコレート、菓子類

チョコレートはカカオに含まれるテオブロミンが心臓や中枢神経に悪影響を及ぼす可能性があります。嘔吐や下痢、急性心不全を起こす可能性があります。

生卵

卵白にアビシンが含まれているため、ビタミンH欠乏症になり皮膚炎や結膜炎などの症状がでる恐れがあります。加熱すれば、体に良い食べ物に変化します。

牛乳

牛乳には乳糖が含まれています。乳糖を消化するラクトーゼという分解酵素が犬には不十分なため、軟便、下痢を引き起こすことがあります。

イカ、タコ、カニ、エビ

イカやエビなど甲殻類は消化しにくく、ビタミンB1を壊してしまう成分が含まれているため、下痢を起こす可能性があります。

ぶどう

ぶどうのどの成分が犬や猫の体に悪影響を及ぼすかは未だ判明していません。
下痢や嘔吐を繰り返し、急性腎不全を起こす可能性があります。

ほうれん草

ほうれん草はアクが強く、シュウ酸が多く含まれています。体内のカルシウムと結びつき、シュウ酸カルシウムや骨粗鬆症の原因になります。茹でた後に水にさらせば、シュウ酸を少なくすることは可能です。与えすぎには注意が必要な野菜です。

加工食品

ベーコンやハム、肉類だからあげても大丈夫と思ってしまう方もいるようです。
加工食品には塩分が多く含まれているため、ナトリウム過剰摂取になり、心臓に負担をかけてしまう原因になります。

まとめ

食べてはいけない食べ物一覧、身近にあるものばかりではないでしょうか?
あげても大丈夫かな?なんでも食べるし、ウチの子好き嫌いないからきっと食べるよね。
そんな考えが大切な愛犬、愛猫を苦しめる結果にもなりかねません。
食べるかどうかで判断するのではなく、体にあった食べ物をあげることが1番大切です。