【イベントレポート】代々木公園わんわんカーニバル2018に行ってきました!

都内で大人気のペットイベント、代々木公園わんわんカーニバルの季節がやってきました!

東京都の代々木公園で毎年開催されている、ペットと一緒に楽しむアウトドアドッグイベントです。
毎年大盛況のイベント「代々木公園わんわんカーニバル2018」にペットタイムズスタッフが行ってきましたー!!

「代々木公園わんわんカーニバル2018」は、2018年4月14日(土)15日(日)の2日間に渡り、開催されました。

「代々木公園わんわんカーニバル」でのメインとも言える、ショッピングエリアや注目の参加型イベントなどもご紹介していきます。

代々木公園まで

代々木公園わんわんカーニバルのイベント会場までは3路線から行くことが出来ます。
代々木公園駅 徒歩12分
代々木八幡駅 徒歩15分
原宿駅    徒歩10分
代々木公園駐車場徒歩10分(最大料金なし1h/¥400)

間違えやすいですが、代々木公園のイベント会場は、ドッグランから少し離れているためドッグラン方面に向かわないように気を付けましょう。

また、駐車場には最大料金はありません。
都内の駐車場にしては、1h/¥400とかなり安い設定にはなっていますが、イベントを朝から夕方まで楽しむ人は駐車場だけで¥3,000オーバーとなってしまうのでご注意を。

近隣駐車場は、最大料金が設定されている箇所もあります。

ショッピングエリア

代々木公園わんわんカーニバルのショッピングブース数は、なんと70ブース!!
毎年だんだんと増えていっている気がします。

ただ、本当にお目当てのブースや購入品がある場合は、午前中に行くことをおすすめします。
11:00前後から午後にかけて行くと、ショッピングエリアは、ブースに到達できないほどの人混みになります。

試食が沢山置いてある愛犬ちゃんにとって、嬉しいブースやちょっとお買い得なブースなどもご紹介していきます。

ウサギ肉のフード&おやつ

ウサギ肉を専門に取り扱うワンフーです。
うさぎ肉は、アレルギー症状が出にくいと言われているため、涙やけが出にくくなった例も多いそうです。

こだわり抜いた食材と、うさぎのお肉をふんだんに使用したフードとおやつです。
試食をすかさず見つけて覗いているワイアーフォックステリアちゃん。

国産無添加おやつ詰め放題!

わんわんカーニバル特別企画¥1,000
牛肉スライス・すなぎも・牛皮など、無添加おやつが詰め放題というブースもありました。

袋を伸ばせるだけ伸ばして、詰めまくりの様子に下で待っているピッドブルちゃんたちは、ご機嫌でお座りして待っていましたよ。

少しお得にお買い物

吉野家のペット同伴可能店舗でも提供されている北の極。

鹿肉やハンバーグなど、肉メインでわんちゃんの食いつき間違いなしとも言える北の極シリーズは、イベント限定価格で購入することが出来ますよ。
全国にある牛丼チェーン店が史上初の愛犬同伴可能に!

インスタ映えブース

横浜で大人気の「エンジェルウイング」は、当然人用ですので、愛犬と一緒に撮影しようとするとなかなか一苦労ですよね。
代々木公園わんわんカーニバルでは、人メインではなく、愛犬メイン!

愛犬専用の「エンジェルウイング」で記念撮影しましょう♪

イベントステージ

マテ王選手権

マテ王選手権は、イベントスタッフが仕掛ける様々な誘惑に負けず、ただ飼い主さんが出した指示(マテ)に忠実にどこまでマテが出来るかを競うゲームです。

1回目の参加者は、約70名。
愛犬ちゃん約60頭前後。

マテをした状態からのスタートです。
MCの人がイベントステージを歩きながら、飼い主さんに話しかけていくことで、ほぼ半分ぐらいの愛犬ちゃんが脱落してしまいます。

第1難問は、おもちゃをプヒプヒならしながら楽しそうに遊びに誘ってくるスタッフ。

ビックリして動いてしまう子(犬)や気になるけど、マテって言われているから…
頑張ってマテをし続ける子(犬)もいました。

第2難問は、おやつを持ったスタッフの登場!

イベントスタッフさん…意地悪ですよね。
「チーズだよ。ヨシ!」
など、言いながら誘惑を仕掛けます。

ステージ外から見ている人たちにも伝わるほど、ヨダレぽたぽた…

この第2難問の誘惑が終了するまでで、絞られた愛犬ちゃんは、4頭!
本当にみんな健気に頑張っています。

最後の最大難問は、飼い主さんが「マテ」の指示を出したままステージ裏へ。

ステージに愛犬たちだけが取り残される状況になります。
愛犬たちだけを残した状態で、おもちゃやおやつで誘惑します。

出来るだけ見ないように顔を背けている子(犬)やひたすら飼い主さんが出ていった方面を見続ける愛犬ちゃん。
どうしても寂しくて、飼い主さんが出ていった方面に走って行ってしまう、愛犬ちゃんもいました。

そして最後まで、大好きな飼い主さんの指示を守り抜いた優勝犬は、ボーダーコリーのコビーちゃん!!!

優勝したボーダーコリーのコビーちゃんには、袋いっぱいのおやつの詰め合わせセットがプレゼントされました。

マテ選手権、壮絶な戦いとなりましたが、本当に頑張っている姿に感動して、涙が出そうになりましたよ!

マテ選手権は、1日3回開催されます。
毎年開催される大盛り上がりとなる参加型イベントですので、ぜひ我が愛犬こそは!
と、思う人はぜひ参加してみてくださいね。

まとめ

今回は、一部のブースとマテ王選手権をご紹介しました。
次回も、ブースのご紹介とお手王選手権や行列が出来ていた専門学生たちによる健康チェックはどんな項目見てもらえるの?など、ご紹介をしていきます。

わんわんカーニバルは、インターペットと比べてカートが少ない印象でした。
都内にあることもあり、自転車で来場する方々も多かったようですが、自転車の盗難も多発していたようです。
皆様、気を付けてくださいね。