2018年関東のラストイベント!JKCドッグショーに行ってきました【後編】

FCI東京インターナショナルドッグショー2018に行ってきました♪
世界中から様々な犬たちが大集合するドッグショーの魅力と知ってるとちょっとお得な情報もご紹介したいと思います。

2018年関東のラストイベント!JKCドッグショーに行ってきました【前編】

お得な情報

入場無料チケットプレゼント

意外と知られていないかもしれませんが、ドッグショーやインターペット、ペット博などでは愛犬と泊まれるリゾートホテル系の会社が出展していることがあります。
このようなブースでは、日帰りドッグランの無料チケットや宿泊チケット割引券を貰えることがありますので、要チェックですよ。

ちなみに今回のドッグショーでは、CAROグループドッグリゾートwoofの入場無料チケットを配布していました。
犬2頭、人2人まで入場無料でドッグリゾートwoofを楽しむことができます。

マイクロチップ

マイクロチップをご存知ですか?
マイクロチップは、人でいう個人情報のような電子タグです。
愛犬の首元に挿入していると、何か自然災害や迷子などで迷子になってしまったとしても専用のリーダーで読み取ることで情報を読み取って、飼い主さん情報が分かるのです。

マイクロチップは、基本動物病院で装着することができますが、ドッグショーの会場内でも獣医師によってマイクロチップを挿入することができます。
ドッグショーでは、通常のマイクロチップの半額以下で装着する事ができるので、お得ですね。
待ち時間も15分前後です。

フードコート

ドッグショーでは、フードカートは外にあります。
おそらく、鼻の良い犬たちが興奮してしまわないようにとの配慮のようです。
外で暖かいものを購入して、外で食べても中で食べてもOKです。

ドッグショーのホール内にも外にも食べるエリアはありますので、安心してくださいね。

ちびっこ職業体験コーナー

将来、トリマーや動物看護士を目指す子たちが楽しめる職業体験コーナーです。
本物そっくりに作られた犬のぬいぐるみを使用し、本物のプロのトリマーが使うハサミやコームを使用し、トリミング体験などができます。

トリミングコンテスト

プロのトリマーや動物専門学校の優等生が参加する、トリミングコンテストです。
定められた時間内で、犬をどれだけ美しくカットできるかどうかを競います。

制限時間内で、みるみるうちに変身していく犬たちを見るのは非常に楽しいですよ♪

トイレコーナー

犬のトイレコーナーです。

ドッグショーの会場内は、非常に広いのに犬のトイレは2箇所にしかありません。
また、トイレのペットシーツが汚れても替えるスタッフがいないようですので、外でトイレをしてから行くことをおすすめします。

まとめ

「2018年関東のラストイベント!JKCドッグショーに行ってきました【後編】」はいかがでしたか?

今回ご紹介した以外にも、ドッグトレーナーに学ぶトレーニング教室やアジリティー、ドッグダンスショーなども開催されているため1日中楽しめるイベントと言えるでしょう。

ぜひ、イベントレポートを参考に2019年開催のドッグショーを楽しんでくださいね。
2019年は、3月30日(土)31日(日)開催予定です。
2018年関東のラストイベント!JKCドッグショーに行ってきました【前編】

FCIインターナショナルドッグショー

開催日時
2018年12月16日(日)9:00~18:30
開催場所
東京ビッグサイト東5、6
〒135-0063 東京都江東区有明3丁目10−1 国際展示場東展示棟
入場料
大人¥1,300 犬無料
公式サイト
http://www.tokyoblock.com/

著者:miki.m