ヨークシャーテリアーの人気の毛色を写真付きでご紹介

ヨークシャーテリアーの人気の毛色を写真付きでご紹介

ヨーキーという愛称で呼ばれるヨークシャーテリアは、古くから愛玩犬として親しまれ、人懐っこくどんなときでも元気に主人にじゃれついてくる典型的なテリア気質の犬です。ヨークシャーテリアは、テリア種の中で最小ですが、とても活発でエネルギーに満ちあふれています。

また、ヨークシャーテリアは、「動く宝石」と呼ばれるほど美しい被毛を持っています。本稿では、そんなヨークシャーテリアの毛色について詳しく解説します。

ヨークシャーテリアの毛色の変化

ヨークシャーテリアの毛色は、JKC(ジャパンケネルクラブ)によって「ダークスチールブルー&タン」という一種類のみがスタンダードな毛色として認められています。

しかし、この毛色に認められるには次のような細かい規定があります。

  • 頭部や胸部は光沢のあるタンでなくてはならない
  • 肩甲骨の辺りから尻尾の付け根の辺りまでは、ダークスチールブルーでなくてはらない
  • ダークスチールブルーの中に、黒に近い色や茶色などの色が混ざってならない

上記以外は、公式には認められていない毛色となります。

ヨークシャーテリアは、生まれてから本来の毛色になるまで二年ほどかかると言われています。しかも、その毛色は生涯で何と7回も変化すると言われています。こんなにも多く毛色が変化する理由は、両親からの遺伝や血統だったり、食事や体重の管理、運動量であったりとさまざまな説が挙げられています。しかし、明確な根拠は未だ解明されていません。

ヨークシャーテリアの毛色は、成長が進むにつれて根元から変化していきます。生まれた時のブラックに艶が出てきて、毛先に向かってブラウンやゴールド、シルバーなどの明るい色に変わっていくのです。まれに、何歳になっても生まれた時のブラックのままの子がいますが、一般的には、経年によって全体的に毛色が薄くなっていく子が多いようです。

ヨークシャーテリアの毛色がどんな色に変化するのか、変化するのにどれくらいの時間がかかるのかは、一頭一頭異なり、一生をかけてその変化を楽しめます。

続いて、そんなヨークシャーテリアの数ある毛色の中から人気のものをご紹介します。

ヨークシャーテリアの人気の毛色について

ヨークシャーテリアの人気の毛色「ブラック&タン」

ヨークシャーテリアの人気の毛色「ブラック&タン」

生後間もなヨークシャーテリアは、ほとんどの子が「ブラック&タン」です。体はほぼブラックで眉毛や口まわり、手や足の先、胸元に「タン」が混ざっています。タンとは黄褐色という黄色がかった茶色のことを言います。ブラックが変化するとシルバーになり、タンが変化するときれいなゴールドになります。ヨークシャーテリアは、このブラック&タンが基本となり、成長するにつれ変化していきます。

ヨークシャーテリアの人気の毛色「ブラック&ゴールド」

ヨークシャーテリアの人気の毛色「ブラック&ゴールド」

「ブラック&ゴールド」は、ブラックの毛色は変化せず、タンの部分が光沢のある美しいゴールドに変化した状態のことです。主に、成長の過程で見られることが多いようです。

ヨークシャーテリアの人気の毛色「ブルー&タン」

ヨークシャーテリアの人気の毛色「ブルー&タン」

この「ブルー」とはブラックのよう見えますが、わずかに青みがかった色のことです。とても美しい毛色で、本来のヨークシャーテリアの毛色である「ダークスチールブルー&タン」に一番近い色です。動く宝石と呼ばれているのもこの毛色のことを指します。

ちなみに、明るめのブルーを「ライトスチールブルー」と呼び、タンが混ざると「スチール&タン」と呼ばれています。また、暗めのブルーを「ダークスチールブルー」と呼び、そこにタンが混ざることで「ダーク&タン」と呼ばれています。

同じブルーでも明るかったり濃かったりすることで全体の印象がガラリと変わります。成犬になると、このブルー&タンの毛色に落ち着く子が多いと言われています。

ヨークシャーテリアの人気の毛色「ブルー&ゴールド」

ヨークシャーテリアの人気の毛色「ブルー&ゴールド」
「ブルー&ゴールド」は、ブルー&タンの毛色のタンの部分が徐々に明るくなり、ゴールドに変化した状態のことです。光に当たると艶のあるきれいなブルーと光沢のある美しいゴールドの毛色に覆われたヨークシャーテリアは、小さいながらにとても魅力的です。

ただし、この毛色になる子は全体的に少ないようです。こちらもブルー&タンと同様にブルーにライトスチールブルーやダークスチールブルーがあり、「スチール&ゴールド」「ダーク&ゴールド」と呼ばれています。

このようにヨークシャーテリアの基本の毛色は、次の4色です。

  • ブラック
  • ブルー(シルバー)
  • タン
  • ゴールド

成長が進むにつれて、ブラックはブルーやシルバーに、タンはゴールドに変化していき、個体によって色の濃淡があります。同じ色でも濃淡によってかなり印象が変わります。

ヨークシャーテリアのミスカラーの毛色

ヨークシャーテリアは上記で挙げた毛色以外にもミスカラーと呼ばれているものがあります。ミスカラーとして言われている毛色の代表的なものは下記のとおりです。

  • ゴールド&シルバー
  • チョコレート 
  • チョコレート&タン

ミスカラーの子が生まれる理由としては、遺伝的要因で、本来のヨークシャーテリアの毛色のダークスチールブルーの色がうまく定着しなかったのではないかと言われています。

また、ミスカラーの子は通常の毛色の子よりも内臓に疾患をもって生まれてくる子が多いと言われていますが、必ずしもどこかに異常があるというわけではなく、健康な子もたくさんいます。

ヨークシャーテリアの毛色のまとめ

生涯で7回も毛色が変化する犬はヨークシャーテリアのみだと言われています。また、ヨークシャーテリアの毛色は、毛先の色は明るく根元が暗いため、カットをする位置で印象が変わり、ドックショーやコンテストなどでよく見られる頭部の毛をリボンで結ぶことで雰囲気がガラリと変わります。

このように一生をかけて毛色の変化や、トリミングによる変化を楽しめるのはヨークシャーテリアの大きな魅力のひとつと言えるでしょう。

tags