エキゾチックショートヘアの飼い方で気を付けたい環境とポイント

エキゾチックショートヘアの飼い方で気を付けたい環境とポイント

エキゾチックショートヘアに適した環境で飼う

室内でも適度な運動ができる環境を整える

エキゾチックショートヘアは、おとなしく物静かな性格で運動量は少なめです。しかし、アメリカンショートヘアの血を引いているので、適度に遊び好きな一面があります。

室内でも退屈しないように適度な運動ができる環境を整えましょう。とは言え、激しく動き回る猫種ではないので、広い部屋は必要ありません。

猫専用の部屋を確保するのが理想ですが、難しい場合はリビングの隅など、ちょっとした空きスペースにキャットタワーを設置しましょう。こうすることで空間をうまく活用でき、マンションといった手狭な住宅環境でもエキゾチックショートヘアを飼うことができます。

家の中を自由に移動できるように配慮する

家の中を自由に移動できるように配慮する
エキゾチックショートヘアに限らず、猫は独立心が強い動物です。そのため、狭い部屋やケージに閉じ込めるとストレスがたまってしまいます。そこで、昼間はできるだけ部屋の戸を解放し、可能であれば猫専用の出入り口を設けて、家の中を自由に移動できるように配慮しましょう。

多頭飼いの場合は、猫同士のトラブルを避けようとケージに入れる方がいます。しかし、エキゾチックショートヘアは社交的な性格で多頭飼いに適しているので、可能な限り自由にさせましょう。

のんびり休憩できる椅子やソファーを配置する

のんびり休憩できる椅子やソファーを配置する
エキゾチックショートヘアはおっとりした性格で、激しく動き回ることは少なく、普段はのんびりお昼寝したり、静かに座っていたりすることが多い猫です。そこで、いつでものんびり休憩できるように、猫が乗れる椅子やソファーをいくつか配置しましょう。椅子やソファーの上に猫用のベッドを置いても構いません。

ただし、エキゾチックショートヘアは落ち着いた環境を好むので、人が出入りする入り口付近や玄関近くに置くのは避けましょう。配置場所は居心地がいい窓辺やリビングの隅、寝室などが適しています。

段差やキャットタワーの作り、それら周辺に配慮する

筋肉質でがっしりした体つきのエキゾチックショートヘアは丈夫そうに見えますが、足が短く太いので段差に配慮する必要があります。

また、ジャンプがあまり得意ではないので、高さのあるキャットタワーや家具から落ちてしまうことがあります。高い所から飛び下りたときに足や腰を痛めてしまうことがあり、十分な配慮が必要です。キャットタワーはステップが緩やかなものを選んでください。階段の下や猫が上がる家具の近くには衝撃を吸収できるマットを敷きましょう。

事故防止に万全の対策を施す

おっとりしているエキゾチックショートヘアですが、好奇心旺盛な一面があり、いろいろな物に興味を示します。そのため、安全に感じられる室内にも思わぬ危険が潜んでいます。猫は人間が思いもしない突飛な行動を起こすことがありますので、事故防止に万全の対策を施しましょう。

まず、遊んでいるときに体をぶつけてケガをしないように、障害物になりうる家電製品はできるだけ片付けてください。

また、エキゾチックショートヘアはジャンプが得意ではないとは言え、普通の猫と同じように高い場所に上がりたがります。飛び乗ったり、飛び下りたりしたときに倒れないように、高さのある家具はしっかり壁に固定しましょう。
さらに、高所から転落しないようにベランダの柵にはネットを張ってください。また、浴槽に落ちて溺れないように、浴槽の水は抜いておきましょう。

エキゾチックショートヘアを飼う際のポイント

5分でも10分でも良いので遊びに付き合う

エキゾチックショートヘアは、おとなしく運動量が少ない猫種ですが、まったく運動しないとカロリーが消費されずに肥満になってしまいます。

そこで、1日5分でも10分でも良いので、猫の遊びに付き合いましょう。エキゾチックショートヘアは遊び好きな一面がありますので、猫じゃらしや羽のおもちゃをリズミカルに動かすと、面白がって食いつき、いい運動になります。

適度なスキンシップを行う

適度なスキンシップを行う
エキゾチックショートヘアはペルシャ譲りの人懐っこい性格の猫であり、スキンシップを好みます。とは言え、のんびりした性格なので、あまりしつこく触られたり抱き上げられたりするのは好みません。

そこで、リラックスしているタイミングを見計らって、やさしく体をなでたり、膝に乗せたりするなどして適度なスキンシップを行ってください。また、甘えたくて飼い主さんの顔に鼻を押し付けることがありますが、好きなようにさせましょう。

飼い主さんがやさしく寄り添うことで猫は不安や恐怖を感じなくなり、ストレスの緩和になります。スキンシップは猫との距離を縮めることにもつながるので、仕事や家事でどんなに忙しくても毎日一緒に過ごす時間を確保しましょう。

フードの与えすぎに注意する

おとなしく運動量が少ないエキゾチックショートヘアは、太りやすい猫種と言われています。あまり運動していないのにフードを食べすぎると、あっという間にメタボ猫に変わってしまうでしょう。

肥満にならないようにフードの与え過ぎに注意し、体重と運動量に見合ったカロリーが取れるようにフードの量を調整してください。

誤食しそうな物は片付ける

誤食しそうな物は片付ける
好奇心旺盛なエキゾチックショートヘアは、床に落ちているごみ、テーブルや棚から落ちた小物に興味を示し、触ったり噛んだりしているうちに飲み込んでしまうことがあります。

髪留めといった小物は、猫の手が届かない場所にしまっておいてください。誤飲しやすいお菓子の袋、ビニール、テープ、紐などのごみは片付け、小まめに床を掃除しましょう。

また、ごみ箱の中からおもちゃになりそうなものを引っ張り出して、遊んでいるうちに誤飲してしまうことがあります。そのため、付きのごみ箱を使用しましょう。

定期的にブラッシングする

エキゾチックショートヘアは短毛種の猫であり、抜け毛の量は多くありません。ペルシャと比べると被毛のお手入れは楽ですが、それでも毛繕いの際に抜け毛を飲み込むので、定期的なブラッシングが必要です。

なお、子猫のうちは毛が短くフワフワしていて抜けにくいので、お手入れは特に必要ありません。成猫になったら、普段は週1回、生え変わりの季節は抜け毛の量が増えるので週2~3回はブラシを入れましょう。

目に涙が溜まっているときに小まめに拭く

エキゾチックショートヘアは鼻が潰れている影響で鼻涙管が詰まりやすく、涙を出すことが多い猫種です。涙が目の外に流れると被毛が変色する涙やけを起こすことがありますから、ウェットティッシュやタオルで小まめに拭いてください。

tags