ソマリの飼い方で気を付けたい環境とポイント

ソマリの飼い方で気を付けたい環境とポイント

ソマリに適した環境で飼う

たくさん運動できる環境を整える

ソマリは活発な性格で遊びも運動も大好きな猫です。ストレスがたまらないように室内でもたくさん運動できる環境を整えてください。猫専用の部屋を確保し、自由に動き回れるように家具の配置に気を配り、普段使わない家電製品は片付けておきましょう。

また、ソマリは、一般的な猫と同じように高い場所が大好きです。たくさん上下運動ができるように、天井まで届くキャットタワーを設置しましょう。その際、ソマリは激しく動き回るので、勢いよく飛び乗ったり飛び下りたりしてもグラグラしない安定感のあるタワーを選んでください。

家の中を自由に移動できるように配慮する

家の中をソマリが自由に移動できるように配慮する

好奇心旺盛な猫であるソマリは、自由が大好きです。狭い部屋やケージに閉じ込めると、機嫌が悪くなり問題行動の原因になります。また、猫は縄張り意識が強い動物であり、毎日のように外敵がいないか歩き回って確認する習性があります。室内飼いの猫にとっては家の隅々が縄張りです。

ソマリを飼うなら家の中を自由に移動できるように配慮しましょう。できるだけ昼間は部屋の戸を解放し、部屋と廊下、部屋と部屋を自由に出入りできるようにしましょう。さらに、猫専用の出入り口を設けると効果的です。

ソマリの体に負担がかからないように配慮する

ソマリの体に負担がかからないように配慮する
ソマリは室内でも激しく動き回る猫なので、走り回ったり高いところから飛び下りたりしているうちに、ケガをすることがあります。

特に、固くツルツルしたフローリングの床は、走り回ってるうちに滑ったり転倒したりして、足腰を痛めることがあります。ソマリの体に負担がかからないように、可能であれば滑りにくい床材に変更し、できない場合は滑り止めのマットやカーペットを敷きましょう。

アパートやマンションなど集合住宅にお住まいの方は、防音マットやペット用の防音カーペットを敷くと、騒音対策にもなって一石二鳥です。さらに、キャットタワーやよく上る家具の下には衝撃を吸収できるマットやクッションを敷いておきましょう。

事故が起きにくい環境を整える

遊びも運動も大好きな猫であるソマリは、人間が予想もできないような行動を起こします。安全に思われる室内にも危険が潜んでいるので、事故が起きにくい環境を整えましょう。

まず、猫の動線上に障害物を置かないようにしてください。特に、出入り口付近に障害物があると、体をぶつけてケガをするおそれがあります。家具は、猫が勢いよく飛び乗ったり飛び下りたりしても倒れないようにしっかり壁に固定しましょう。キャットタワーは定期的にネジやポールが緩んでないかを確認し、グラグラするときは締め直してください。

また、2階以上の建物の場合は、猫の転落事故にも注意が必要です。猫は、布団を干すときに一緒にベランダに出てしまうことがありますので、柵には転落防止用のネットを張りましょう。ほかにも猫は水の音に興味を示しますので、念のため、浴槽の水は抜いておいてください。

静かな環境を用意する

神経質な一面を持つソマリは、騒がしい環境が苦手な猫です。ソマリを飼うなら、できるだけ静かな環境を用意しましょう。自動車や工事の騒音がうるさい住宅環境の場合は、防音壁を設置したり、壁に防音シートを貼ったりして、騒音対策を行いましょう。

また、ソマリに限らず、猫は子どもの騒ぎ声を苦手にしています。子どもがいる家庭では、猫が過ごす部屋と子ども部屋を別々にしましょう。

多頭飼いの場合は十分なスペースを確保する

ソマリは、ほかの猫との同居があまり得意ではあません。些細なことでけんかになったり、テリトリーから追い出す排除行動を見せたりするので、1匹1匹に十分なスペースを確保してください。

寝床は猫の数以上用意して、ほかの猫と取り合いになって追い出されても、すぐに移れるようにあちこちに配置しましょう。食器は猫の数だけ、トイレと水飲み場は複数箇所に用意してください。

ソマリを飼う際のポイント

一緒に過ごす時間を多めに確保する

ソマリには神経質で用心深い一面がありますが、飼い主さんがやさしく愛情をもって接するうちに少しずつ消えていきます。あまり猫をほったらかしにせず、できるだけ一緒に過ごす時間を確保しましょう。

ソマリは人に甘えるのが大好きな猫なので、自宅にいる時間が長い人向けの猫種と言えます。仕事や家事で家を空ける際は、家族に世話を頼みましょう。

1日5分でも10分でも良いので遊びに付き合う

1日5分でも10分でも良いのでソマリの遊びに付き合う
活発で運動量が多い猫のソマリですが、体つきはスレンダーでやや軽量であり、どちらかと言えば太りやすい猫種とされています。そこで、1日5分でも10分でもいいので遊びに付き合いましょう。

ソマリは好奇心旺盛であり、何にでも興味を示します。猫じゃらしや羽のおもちゃをリズミカルに動かすと、飛び上がったり追いかけたりしていい運動になります。さらに、キャットタワーと組み合わせると効率的に上下運動をさせることができます。

フードの与えすぎに注意する

スリムなソマリは、フードを食べすぎるとすぐ太ってしまいます。ソマリの肥満を防ぐためには、飼い主さんが食事をしっかり管理する必要があります。ソマリには体重と運動量に見合った量のフードを与えてください。

ソマリの前ではできるだけ大きな音を立てない

ソマリの前ではできるだけ大きな音を立てない
神経質な一面をもつソマリは、騒音に敏感に反応します。特に、掃除機をかけると猫が怖がって逃げたり隠れたりすることが多いので、ソマリの前で掃除機をかけるのは控えてください。

ほかにも、洗濯機がゴトゴト振動する音、換気扇のファンが回る音、空気清浄機の音などに敏感に反応することがありますので、これらを使う場合はソマリが近くにいないことを確認してから使いましょう。また、猫の近くで大きな声を出すとびっくりして逃げてしまうので、注意してください。

小まめにブラッシングを行う

ソマリは毛が長く抜けやすい猫なので、定期的なブラッシングが必要です。抜け毛処理を怠ると機嫌が悪くなることがありますので、小まめにブラシやコームを入れましょう。

ほかの長毛種の猫に比べると、ソマリの毛は絡まりにくいので、コームは軽く入れる程度で十分です。ブラッシングの頻度は普段は週2~3回、生え変わりの季節は1日1~2回行ってください。

小まめに手入れすることで、やわらかくふさふさした被毛の質感を保つことができます。とは言え、あまり神経質になる必要はなく、被毛の状態を見てからブラッシングを行いましょう。

2か月に1回シャンプーする

ソマリは、2か月に1回の頻度でシャンプーをすると、美しい被毛や健康な皮膚を保つことができます。猫は水に濡れるのを嫌いますから、子猫のうちからシャンプーに慣れさせておきましょう。

tags