アビシニアンの飼い方の注意点

アビシニアンの飼い方の注意点

アビシニアンに適した環境で飼う

たくさん運動できる環境を整える

活発な性格の猫であるアビシニアンは運動量が多く、走り回ったり高い所に登ったりするのが大好きです。しかし、体型がスリムでやや軽量のため、運動不足に陥ると太りやすい猫種でもあります。

アビシニアンを飼うなら猫専用の部屋を確保して、たくさん運動できる環境を整えましょう。天井まで届くキャットタワーやキャットウォークを設置すると、飽きずに遊んでくれます。そして、十分な運動量を確保することで太りにくい体が作られ、ストレスの発散にもなります。

家の中を自由に移動できるように配慮する

好奇心旺盛で躍動感あふれるアビシニアンは自由が大好きです。狭い部屋やケージに閉じ込めるとストレスがたまり、凶暴化の原因になります。

また、アビシニアンは一般的な猫よりも縄張り意識が強く、毎日のように家中を歩き回らないと安心できない性質です。アビシニアンを飼うなら家の中で自由に移動できるように配慮しましょう。

昼間はできるだけ戸を解放し、部屋と廊下、部屋と部屋を自由に行き来できるようにしてください。可能であれば猫専用の出入り口を設けましょう。

脱走対策を徹底する

脱走対策を徹底する
自由奔放な性格の猫であるアビシニアンは、よく脱走を計ります。猫を外に出すと交通事故に遭ったり、迷い猫になって帰って来なくなったりするおそれがありますので、万全の脱走対策を施しましょう。

スリムで身軽な猫であるアビシニアンは、数cmの隙間からでも脱走します。そのため、窓はしっかり閉めて、忘れずに鍵をかけてください。換気の際や夏場に窓を開ける際は、必ず網戸をして動かないようにテープや市販の防犯グッズで固定しましょう。

さらに、人間が玄関やベランダを出入りする際は、周囲に猫がいないか確認する習慣を身に付けてください。夜間はすぐ後ろに猫がいても気付きにくいので、明るい照明を設置しましょう。

安全に暮らせる環境を整える

運動も遊びも大好きな猫であるアビシニアンは、人間が予想もしないような行動を起こします。必ずしも家の中なら安全とは限らず、思わぬ事故が発生する可能性があります。

アビシニアンが安全に暮らせるように、事故が起きにくい環境を整えましょう。まず、猫の動線上にある障害物を片付けてください。廊下や部屋の出入り口付近に物があると、ぶつかってケガをする恐れがあります。

また、アビシニアンは高い場所に上がるのが大好きな猫です。飛び乗ったり飛び下りたりした衝撃で家具が倒れないように、しっかり固定しましょう。なお、落として割れた破片を踏んで猫がケガをしないように、ガラスの瓶といった割れやすいものを高い場所に置くのは止めましょう。

2階以上では転落事故にも注意が必要です。洗濯物を干すときに猫がベランダに出てしまうことがありますから、柵にネットを張るなど安全対策を施しましょう。ほかにもアビシニアンは水の音に興味を示すので、お風呂場に入れないようにして、念のため浴槽の水は抜いておきましょう。

多頭飼いの場合は十分なスペースを確保する

アビシニアンはやや神経質で縄張り意識が強い猫なので、ほかの猫との同居が得意ではありません。些細なことで同居猫とけんかになり、折り合いが悪い猫を排除しようとすることがあります。

多頭飼いの場合は1匹ずつに十分なスペースを確保してください。安心して寝起きできるように寝場所を離し、横取りされてもすぐ移れるように猫の数以上のベッドを用意しましょう。また、食器は猫の数だけ、トイレや水飲み場は複数箇所に用意して、取り合いにならないように配慮してください。

アビシニアンを飼う際のポイント

1日5分でも10分でもいいのでアビシニアンの遊びに付き合う

アビシニアンは人懐っこい性格で、飼い主さんに甘えるのが大好きな猫です。運動量が多いので、できるだけ毎日遊びに付き合いましょう。1日5分でも10分でもいいので、猫じゃらしや羽のおもちゃで遊んであげてください。

キャットタワーと組み合わせると上下運動で足腰が鍛えられます。

一緒に過ごす時間を確保してスキンシップを小まめに

一緒に過ごす時間を確保してスキンシップを小まめに
アビシニアンは人間と過ごすのが好きな猫です。仕事や家事で忙しくても一緒に過ごす時間を確保して、膝に乗せたり抱き上げたりするなど、小まめにスキンシップを行いましょう。

飼い主さんと一緒に過ごすことで不安や恐怖を感じずに安心でき、ストレスの解消にもつながります。一部には「アビシニアンは凶暴化する猫だ」という声がありますが、飼い主さんができるだけ寄り添っていれば、凶暴化を防ぐことができます。

フードの与えすぎに注意する

スリムな猫であるアビシニアンは、フードを食べすぎるとすぐに太ってしまいます。やや軽量な猫種であり、もともとそれほどたくさんフードを食べるほうではありません。アビシニアンには、体重と運動量に見合った量のフードを与えてください。

子猫は寒がりなので体を温める

アビシニアンは南国原産の猫種であり、やや寒さに弱いとされています。特に、子猫は寒がりですぐに風邪をひくので、冬場はタオルや毛布で包んで保温しましょう。

生え変わりの季節は小まめにブラッシングを行う

短毛種の猫であるアビシニアンですが、生え変わりの季節は抜け毛がたくさん出ます。特に、冬毛から夏毛に生え変わる初夏は小まめなブラッシングが必要です。皮膚を傷つけないように、やわらかい獣毛ブラシ、またはラバーブラシでやさしくブラッシングしましょう。

多頭飼いをしたいときは相性を考慮する

多頭飼いをしたいときは相性を考慮する
アビシニアンには、やや神経質な一面があります。小さいころから一緒に過ごしてきた親子猫や兄弟猫とは仲良くできますが、それ以外の猫との同居は得意ではなくトラブルが起こりがちです。

「1匹では寂しそう」「遊び相手が必要」という理由で多頭飼いを検討している方は、よく考えてから新しい猫を迎えましょう。多頭飼いのポイントは「猫同士の相性」です。

比較的相性が良い組み合わせ

アビシニアンを多頭飼いする場合、比較的相性が良い組み合わせは下記の通りです。

  • 子猫と子猫
  • 先住の成猫と新入りの子猫
  • 成猫オスと成猫メス
  • 成猫メスと成猫メス

子猫同士であればいい遊び相手になり、そのまま成長すれば良好な関係が保たれます。成猫にとって子猫はライバルにならないので、先住の成猫と新入りの子猫もお勧めの組み合わせです。

オスとメスも比較的うまくいく組み合わせですが、繁殖を考えていないなら必ず猫に不妊去勢手術を受けさせましょう。メスは比較的縄張り意識が弱いので、メス同士はけんかになりにくいとされています。

トラブルが起こりやすい組み合わせ

アビシニアンを多頭飼いする場合、トラブルが起こりやすい組み合わせは下記の通りです。

  • 成猫オスと成猫オス
  • 先住の老猫と新入りの子猫

オス同士は縄張り争いになることが多く、よほど性格が合わない限りけんかが起こります。また、老猫が暮らしている家に子猫を迎えると、穏やかに過ごしたい老猫はストレスがたまるので避けましょう。

tags