ノルウェージャンフォレストキャットの大きさや体重はどれくらい?

ノルウェージャンフォレストキャットの大きさや体重はどれくらい?

ノルウェージャンフォレストキャットの体格

ノルウェージャンフォレストキャットは、猫の中で最も大きな体型に分類される

猫の体格は以下の5つに分かれていますが、ノルウェージャンフォレストキャットは、最も体が大きく全体的に胴が長い「ロングアンドサブスタンシャル」に属します。

「雷神が連れ去ろうとしたが、あまりに大きく重くて持ち上げられなかった猫」として北欧神話に登場するノルウェージャンフォレストキャットは、平均的な猫を大きく上回る大型種なのです。

  • コピー
  • セミコピー
  • フォーリン
  • オリエンタル
  • ロングアンドサブスタンシャル

ノルウェージャンフォレストキャットは成長に3~4年を要する

ノルウェージャンフォレストキャットは最も大きな体型に分類され、体重は10kgを超える個体も

一般的な猫は生後6か月までにぐんぐん体が大きくなり、6か月を過ぎると成長のスピードがゆっくりになりますが、1歳まで成長が続きます。

1歳を過ぎると成長がほぼ止まり、食生活や飼育環境が大きく変わらなければ、体重が急激に増えることはありません。

ところが、ノルウェージャンフォレストキャットは大きく成長する代わりに、成長のスピードがとてもゆっくりです。普通であれば1歳には成長がほぼ止まり、成猫の体が完成するのに、ノルウェージャンフォレストキャットは1歳を過ぎてもなお成長が続いて体が大きくなります。

ノルウェージャンフォレストキャットの場合、成猫の体が完成するまでには3~4年を要し、中には5歳になっても体が大きくなく個体も存在します。

成猫の体重は3.5~7kg

ノルウェージャンフォレストキャットの成猫の平均体重は、オスが4.5~7.0kgほど、メスは3.5~5.5kgほどあります。オスはメスよりも大きく成長し、10kgを超える個体も存在します。

猫の平均体重は3~5kgほどですから、ノルウェージャンフォレストキャットはその1.5~2倍の体重があることになります。10kg以上の個体も珍しくないメインクーンにはさすがに負けますが、猫の平均体重を大きく超える重量級の猫種と言えるでしょう。

成猫の体長は40~60cm

ノルウェージャンフォレストキャットの体重は3.5~7kg、体長は40~60cm
ノルウェージャンフォレストキャットの成猫の平均体長(胸からお尻までの長さ)は、オスが45~60cm、メスは40cmほどあります。猫の平均体長は25~30cmほどですから、ノルウェージャンフォレストキャットは1.5倍の体長があり、胴が長い体格であることを示しています。

とは言え、猫の体長は個体差が大きく、50cmを超える胴長の個体もそれほど珍しくありません。ノルウェージャンフォレストキャットは飛びぬけて胴が長い猫種とは言えないでしょう。実際、同じロングアンドサブスタンシャルのメインクーンは体長100cmを誇ります。

胴が飛びぬけて長くないのにノルウェージャンフォレストキャットが大きく見えるのは、厚くがっしりした胴回りと骨太な四肢とよく発達した筋肉のおかげです。

ヨーロッパラインとアメリカラインで体つきが異なる

ノルウェージャンフォレストキャットは、ヨーロッパラインとアメリカラインのふたつの系統が存在します。これはもともとヨーロッパのみで繁殖され、人気の上昇によってアメリカでも繁殖が行われたためです。

ヨーロッパラインは、たくましく頑丈な骨格、長い胴と尻尾が特徴的です。一方のアメリカラインは、やや胴が短く、ヨーロッパラインよりも華奢な体つきが特徴的です。

月齢ごとの体重推移

次に、ノルウェージャンフォレストキャットの月齢ごとの体重推移を見てみましょう。

産まれたばかりのノルウェージャンフォレストキャットの子猫の体重は140~210g

ノルウェージャンフォレストキャットの生まれたばかりの子猫の体重は140~210g

産まれたばかりのノルウェージャンフォレストキャットの体重は140~210gほどあります。もちろん個体差があり、母親の大きさも影響するので、これよりも軽い猫も重い猫も存在します。

しかし、一般的な猫の産まれたときの平均体重は100~120gほどですから、お母さん猫のお腹から出た時点で、すでに明らかな体重差があることがわかります。

ノルウェージャンフォレストキャットは生後6か月で5kgを超えることも

では、ノルウェージャンフォレストキャットの子猫はどのように体重が推移していくのか見てみましょう。『日本と世界の猫のカタログ 2019年版 成美堂出版』によると、以下のように体重が増加していきます。

生後1か月 500g
生後3か月 1700g
生後6か月 3000~5500g

ちなみに、一般的な猫の体重は、生後3か月で1kgほど、生後6か月で2.5kgほどになります。対して、ノルウェージャンフォレストキャットは生後6か月で5kgを超えるのですから、スケールの大きさに驚かされます。

なお、この数値は海外の大きな個体を含めているので、やや高い数値になっています。個体差がありますし、食生活や生育環境によって体重が変化することを留意してください。

ノルウェージャンフォレストキャットの体が大きい理由

ノルウェージャンフォレストキャットが、平均的な猫よりもかなり大きいことがおわかりいただけたでしょうか。そこで気になるのがノルウェージャンフォレストキャットの体が大きい理由です。

ノルウェージャンフォレストキャットの体の大きさは深い森を生き抜くため

ノルウェージャンフォレストキャットの体が大きい理由は深い森を生き抜くため

ノルウェージャンフォレストキャットは、ペルシャやヒマラヤンのように人為的に作られた猫種ではなく、自然に発生した猫種です。

ちなみに、同じロングアンドサブスタンシャルのメインクーンも自然発生の猫種です。人の手が加わっていないにも関わらず、これほど大きな体になったことに驚かされます。

ノルウェーの奥地に広がる深い森には、古くからノルウェージャンフォレストキャットがたくさん生息していたと言われています。

ただし、猫の北限はスコットランドとされていることから、昔からノルウェーに生息していた猫ではなく、ねずみ捕り用に人間が持ち込んだと考えられています。

もともとは今ほど体が大きくなく、スカンジナビア半島の厳しい環境を生き残った猫が、交配を繰り返すうち体の大きな猫が誕生したという説が有力です。

「ノルウェーの森の猫」の愛称をもつノルウェージャンフォレストキャットは、北欧の厳しい自然環境を生き抜くために大きな体が必要だったのです。

寒さと水気から身を守る豊かな被毛が体を大きく見せている

ノルウェージャンフォレストキャットは体格だけでなく、長毛の豊かな被毛も特徴的です。この被毛はダブルコートであり、トップの毛はやや硬く長めで防水性があり、背中から側面にかけて垂れ下がるように生えています。

アンダーはふわふわとしていて厚さがあり、厳しい寒さに耐えられる優れた断熱性を備えています。北欧の厳しい寒さと深い雪から身を守る豊かな被毛が、ノルウェージャンフォレストキャットをより大きく見せているのです。

tags