スコティッシュフォールドの餌の与え方について年齢別に回数や量、カロリーを解説します

スコティッシュフォールドの餌の与え方について年齢別に回数や量、カロリーを解説します

スコティッシュフォールドに最適な栄養バランス

健康維持には高タンパク質の食事が必要

スコティッシュフォールドはユーモラスな見た目をしていますが、筋肉がよく発達していて体つきに力強さがあります。高タンパク質の食事を与えて丈夫な筋肉を維持しましょう。

さらに、タンパク質は猫にとって欠かせないエネルギー源でもあります。猫が必要とするタンパク質の量は人間の約2倍、1日に必要なタンパク質の量は体重1kg当たり7gです。成猫のスコティッシュフォールドの平均体重は3~6kgですから、1日21~42gのタンパク質が必要です。

食事から摂取したタンパク質はアミノ酸に分解されてから体内に吸収され、全身の細胞に供給されて筋肉を作る材料になります。筋肉を構成する細胞は常に形成と分解を繰り返していますので、筋肉の維持には常に十分な量のアミノ酸を供給する必要があります。

また、アミノ酸は量だけでなくバランスも重要です。猫の「必須アミノ酸」は11種類で、これらは体内で生合成できませんので食事から摂る必要があります。特に、タウリンが欠乏すると「拡張型心筋症」を引き起こします。

必須アミノ酸をバランス良く摂らせるには、いろんなタンパク質源を食べさせる必要があります。「うちの猫はグルメだから牛肉しか食べない」「なまり節ばかり食べたがる」といった偏食は体に良くありません。

必須脂肪酸に配慮した食事で皮膚と被毛の健康を維持する

スコティッシュフォールドに必須脂肪酸に配慮した食事で皮膚と被毛の健康を維持する

猫にとって脂肪はエネルキー源であり、積極的に摂る必要があります。とは言え、スコティッシュフォールドはあまり運動しない猫種なので、タンパク質をしっかり摂っていれば高脂肪の食事は特に必要ありません。

一方で、脂肪は健康維持に欠かせない脂肪酸の供給源でもあります。摂り過ぎてはいけませんが、不足しないように一定量の脂肪を含むフードを与えてください。

猫が1日に必要とする脂肪は体重1kg当たり2.2gです。成猫のスコティッシュフォールドの平均体重は3~6kgですから1日6.6~13.2gの脂肪が必要です。

摂取する脂肪の種類も重要です。猫に必要な「必須脂肪酸」はリノール酸とアラキドン酸です。その中でもアラキドン酸は動物性脂肪から摂る必要があります。アラキドン酸には皮膚や被毛の健康維持に欠かせない脂肪酸であり、不足すると毛並みが悪くなったり抜け毛が増えたりします。

スコティッシュフォールドのフサフサした被毛のツヤを維持するためにも、動物性の原料をたくさん使ったフードを与えて、アラキドン酸を補給させましょう。

ミネラルのバランスに配慮する

スコティッシュフォールドのフードはミネラルのバランスに配慮する
筋肉質でがっしりした体つきのスコティッシュフォールドは、腰や脚に負担がかかりやすく、骨の健康に配慮する必要があります。

骨を作る材料は誰もが知るとおりカルシウムです。スコティッシュフォールドにも十分な量のカルシウムを摂らせましょう。

ここで問題なのがミネラルのバランスです。カルシウムをたくさん摂らせようとすると、リンやマグネシウムを過剰に摂取させてしまいがちです。もちろんリンやマグネシウムも猫の体に必要な栄養素です。しかし、リンの過剰摂取はカルシウムの吸収を妨げて骨を弱くします。

骨の健康維持にはリンの1.2~1.5倍のカルシウムを摂らせる必要があります。ところが、精肉や米にはカルシウムの10倍以上のリンが含まれています。そこで、スコティッシュフォールドにはカルシウムを豊富に含む小魚やチーズを食べさせましょう。

ただし、小魚の中でも煮干しは100g当たり230mgものマグネシウムが含まれています。マグネシウムの摂り過ぎは「尿路結石症」につながるので、バランスを考えて与えてください。

老猫には腎臓に負担がかかりにくい食事管理が必要

スコティッシュフォールドは老猫になると、「慢性腎不全」を発症しやすくなります。猫は肉食動物であるためどうしても腎臓に負担がかかってしまいます。

老猫のスコティッシュフォールドは腎臓の負担を軽減する目的で食事管理が必要です。若いころよりもタンパク質とカロリーの摂取量を減らしましょう。

また、ナトリウムの摂り過ぎは腎臓に負担がかかりますので、塩分を多く含む加工食品を与えるのは止めてください。例えば、チーズやカニカマなどのおやつを与える際は、塩分をカットした猫用のものを選んでください。

スコティッシュフォールドに与えるフードの量と回数

子猫には食べたいだけ与えて構わない

スコティッシュフォールドの子猫には食べたいだけフードを与えて構わない

運動量が多くないスコティッシュフォールドも子猫のうちは成長を促すために豊富なカロリーが必要です。子猫が1日に必要とするカロリーは以下の通りです。

1日に必要なエネルギー(kcal/kg)

8週齢 260
14週齢 200
20週齢 150
40週齢 100
52週齢  80

生後2か月の子猫が1日に必要なカロリーは体重1kg当たり260kcal、成猫の約3倍です。生後6か月まではお腹を空かせたときにいつでも食べられるように、フードを盛ったお皿を常に出しておきましょう。

生後6か月を過ぎると成長のスピードは落ちますが、それでも成猫の約2倍のカロリーが必要です。子猫は胃が小さいので1日3~5回に分けてフードを与えてください。

成猫はフードの与えすぎに注意

スコティッシュフォールドは運動量があまり多くない猫種です。性格もおとなしくじっとしている時間が長いので、あまりカロリーを消費しません。それほど運動していないのにフードをたくさん与えていると、使われなかった分が体脂肪として蓄積され、肥満やメタボリックシンドロームにつながります。

人間だけでなく猫のメタボも深刻です。スコティッシュフォールドは心臓疾患にかかりやすい猫種です。ただでさえかかりやすいのに肥満やメタボになると、さらに発症リスクを高めてしまいます。

スコティッシュフォールドに与えるフードの量はカロリーを基に計算してください。成猫が1日に必要とするカロリーは以下のとおりです。

1日に必要なエネルギー(kcal/kg)

不活発な猫  70
標準的な猫 80
活発的な猫  85
妊娠中の猫 100
授乳中の猫 250

スコティッシュフォールドの平均体重は3~6kgなので、1日に必要なカロリーは標準的な猫で240~420kcalになります。成猫はこのカロリーに相当する量のフードを1日2~3回に分けて与えてください。

老猫は体重や運動量を見てフードの量と回数を調整する

個体差はありますが猫は7歳前後から老化が現れ始めます。スコティッシュフォールドの平均寿命は10~13年とやや短めで、平均的な猫よりも老化が早く進むと考えられています。

一般的には10歳から老猫の仲間入りをしますが、スコティッシュフォールドは7歳くらいから少しずつ高齢猫向けフードに切り替えていきましょう。

老猫が必要とする1日のカロリーは成猫と同じです。体重や運動量を見て、与える量と回数を調整してください。

tags