ロシアンブルーの餌の与え方について年齢別に回数や量、カロリーを解説します

ロシアンブルーの餌の与え方について年齢別に回数や量、カロリーを解説します

ロシアンブルーに最適な栄養バランス

ロシアンブルーには高たんぱく質の食事が不可欠

ロシアンブルーはスリムな体型でおとなしい性格をしていますが、実は運動量が多い猫種です。そのため、エネルギー消費量が多いので栄養価の高い食事を与えましょう。

その際のポイントは、「高たんぱく質」です。私たち人間は、主に炭水化物をエネルギー源にしていますが、肉食動物の猫、はたんぱく質が主なエネルギー源です。たんぱく質は体内でアミノ酸に分解され、エネルギーとして利用されるほか、筋肉を作る材料としても利用されます。

猫が必要とするたんぱく質の量は人間の約2倍、1日に必要なたんぱく質の量は体重1kg当たり7gです。成猫のロシアンブルーの平均体重は3~5kgですから、1日21~35gのたんぱく質が必要です。キャットフードに含まれるたんぱく質の量は、栄養成分表示に書かれているたぱく質の%から割り出しましょう。

また、ロシアンブルーは見かけによらず筋肉質な体をしているので、高たんぱく質の食事に加えて、アミノ酸をたくさん供給しましょう。アミノ酸の中でも特に重要なのが11種類の「必須アミノ酸」です。これは、体内で生合成できないため、毎日の食事から摂る必要があります。

ロシアンブルーの健康な肉体を維持するため、良質の動物性たんぱく質とアミノ酸を豊富に含んだフードを与えてください。

ロシアンブルーの子猫と成猫には脂肪をたくさん摂らせる

ロシアンブルーには高たんぱく質、アミノ酸を豊富に含んだフードを与えよう

たんぱく質と共にエネルギー源として欠かせないのが脂肪です。子猫と成猫のロシアンブルーは、たくさん運動するので脂肪を多く摂る必要があります。

脂肪は皮膚や被毛の健康、免疫機能の維持にも欠かせません。脂肪には動物性脂肪と植物性脂肪があり、どちらもエネルギー源として利用できますが、猫にとって重要なのは動物性脂肪のほうです。

摂取した脂肪は体内で脂肪酸に変わります。その中でもアラキドン酸という脂肪酸は、猫の健康に欠かせない「必須脂肪酸」です。アラキドン酸は動物性脂肪に含まれています。ロシアンブルーには良質の動物性脂肪を含むフードを与えましょう。

エネルギー源として利用できる炭水化物も必要

主に穀類から摂ることができる炭水化物も優れたエネルギー源です。しかし、猫は肉食動物であるため、炭水化物を摂る必要はないと誤解している方がいますが、実はそうではありません。

なぜなら、猫の主食である肉や魚はビタミンやミネラルの偏りが多く、これだけで必要なエネルギー源を得ようとすると栄養バランスが偏ってしまうからです。

また、たんぱく質は体内に吸収されるまでに時間がかかりますが、炭水化物なら素早く体内に吸収されます。炭水化物は、手っ取り早くエネルギー源を得るのに適しているのです。

最近では、グレイン(穀物)フリーのフードが話題になっていますが、たくさん運動するロシアンブルーには一定の穀類を含むフードを摂らせましょう。

マグネシウムに配慮したフードで尿路結石症を防ぐ

ロシアンブルーは腎臓や尿管、膀胱に結石ができる「尿路結石症」になりやすいとされています。結石ができる原因はマグネシウムの摂り過ぎです。

マグネシウムは体に必要な栄養素ですが、欠乏することはまずありません。ところが、一部のドライフードにはマグネシウムが必要以上に多く含まれています。

猫に必要なマグネシウムの量は0.05%です。ロシアンブルーにはマグネシウムに配慮したドライフードを与えましょう。

また、猫が大好きな煮干しには、100g当たり230mg(0.23%相当)ものマグネシウムが含まれていますので、与えすぎないようにしてください。

ロシアンブルーに与えるフードの量と回数

年齢別のロシアンブルーに与えるフードの量と回数

子猫には欲しがるだけ与えて構わない

ロシアンブルーも子猫のうちは成長を促すために豊富なカロリーが必要です。子猫が1日に必要とするカロリーは以下のとおりです。

ロシアンブルーの週齢別の1日に必要なエネルギー(kcal/kg)

8週齢 260
14週齢 200
20週齢 150
40週齢 100
52週齢  80

生後2か月の子猫が1日に必要なカロリーは、体重1kg当たり260kcalで成猫の約3倍です。スリムな成猫のロシアンブルーでは想像もつかないほど勢いよくフードを食べます。

生後6か月までは、お腹が減ったときにいつでも食べられるようにフードを盛ったお皿を常に出しておきましょう。

生後6か月を過ぎると成長のスピードは落ちますが、それでも体がぐんぐん大きくなる成長期であり、成猫の約2倍のカロリーが必要です。子猫は胃が小さいので、1日3~5回はフードを与えてください。たくさん食べても太る心配がないので、欲しがるだけ与えて構いません。

成猫はフードの与えすぎに注意

運動量の多いロシアンブルーには栄養価の高い食事が必要ですが、フードの与えすぎは禁物です。スリムな体型のロシアンブルーは太りやすいと言われているからです。

フードを与えすぎると、エネルギーとして利用されなかった分が体脂肪として蓄積されてしまい、すぐに太ってしまいます。とは言え、キャットフードは銘柄や種類によって含まれているカロリーが異なります。フードの量はカロリーを基に計算してください。成猫が1日に必要とするカロリーは以下のとおりです。

1日に必要なエネルギー(kcal/kg)

不活発な猫  70
標準的な猫  80
活発的な猫  85
妊娠中の猫 100
授乳中の猫 250

ロシアンブルーの平均体重は3~5kgですから、1日に必要なカロリーは標準的な猫で240~400kcalということになります。成猫は、このカロリーに相当する量のフードを1日2~3回に分けて与えてください。

老猫は運動量や体重の変化を見ながらフードを与える

老猫のロシアンブルーには低カロリー・低脂肪の高齢猫向けフードに切り替える
個体差はありますが、猫は7歳前後から老化が現れ始めます。ロシアンブルーの平均寿命は10~12年とやや短く、比較的老化の進行が早い猫種と考えられています。

運動量の多いロシアンブルーも歳を重ねると足腰が弱くなっていきます。その影響で少しずつ寝ている時間が長くなり、運動量が落ちていきます。にも関わらず若いろと同じような高カロリー・高脂肪の食事を与えていると肥満につがり、心臓疾患や糖尿病のリスクを高めてしまいます。

一般的には10歳から老猫の仲間入りをしますが、ロシアンブルーは7歳くらいから少しずつ低カロリー・低脂肪の高齢猫向けフードに切り替えていきましょう。

ロシアンブルーであっても、みな同じように老化が進むわけではなく、運動量や体重には個体差があります。若々しさを保っている元気なロシアンブルーには相応なエネルギーが必要です。老猫のロシアンブルーには、運動量や体重の変化を見てフードの量と回数を調整してください。

tags