ソマリの特徴や性格、飼い方について

ソマリの特徴や性格、飼い方について

ソマリは、人懐っこく甘えん坊で、やわらかくふわふわとした被毛は、多くの人を魅了します。

そんなソマリの歴史や特徴、性格、飼い方についてご紹介します。ソマリを飼っている人はもちろん、これからいっしょに暮らしたい、飼えないけどもっと詳しく知りたいという方、ぜひお読みください。

猫種 ソマリ
英語表記 Somali
原産国 イギリス
毛種 長毛種

ソマリの歴史

ソマリは、アビシニアンから生まれた長毛種

ソマリは、アビシニアンから突然変異で生まれた比較的新しい猫種です。1950年ごろに生まれたと言われています。

ソマリの元であるアビシニアンは、インド洋の沿岸地域や東アジアの一部で生まれたと考えられていて、19世紀後半にイギリスに持ち込まれました。アビシニアンは、キャットショーで披露されたことをきっかけに大人気になり、ブリーダーによる繁殖が進められます。

ところが、20世紀に入ると戦争の影響で純血種が激減し、戦後になると異種交配が行われます。長毛種のアビシニアンはこうした流れの中で生まれたと考えられています。

キャットショーで審査員の目に止まり計画繁殖が始まる

ときどき生まれる長毛種のアビシニアンは、純血種を育てる障害になるとされていて、当初あまり歓迎されていませんでした。ブリーダーはアビシニアンから長毛種が生まれると、キャットショーには出せないと判断し、ペットとして一般の飼い主に譲り渡していたのです。

1963年、ブリーダーのメアリー・メイリングは、カナダで開催されたキャットショーに長毛種のアビシニアンをほかのショーキャットと一緒に出演させます。これは、メイリングのちょっとした遊び心によるものでしたが、偶然にも審査員であるケン・マッギルの目に留まります。

優雅な見た目に魅了されたマッギルは、メイリングから長毛のアビシニアンを1匹譲ってもらい、計画繁殖を始めました。公式記録に残る最初のソマリは、このマッギルが育てた猫とされています。

ソマリは世界中で愛される猫種になる

ソマリは、1960年代後半には全米のキャットショーに登場するようになり、1980年代にはヨーロッパへ普及し、1990年代には世界中に広がります。

長毛種のアビシニアンはソマリと名づけられ、アメリカとカナダで猫種として登録されました。今日では世界中の猫登録団体に公認され、人気猫種として多くの人に愛されています。

ソマリの特徴

ソマリの特徴、サイズ(体重と体高)、性格

やわらかいセミロングの被毛

ソマリの最大の特徴は優雅な被毛です。長さはセミロング、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)に分かれたダブルコートは、ボリュームがあり密集して生えています。光に当たるとキラキラと輝きます。

シルクのように、やわらかくふわふわとした手触りが印象的です。しっぽはブラシのように毛がやわらかく、ふわっとしています。

体は筋肉質でしなやか

中型猫に分類されるソマリですが、体は筋肉質でしなやかさがあり、アビシニアンと同じく俊敏な動きを得意としています。

胸部が丸くて背中は弓なりになっていて、四肢は長くほっそりしていますが、筋肉がよく発達していて速く走るのに適しています。

丸い頭とピンと立った耳

ソマリの頭は平らな面がなく、丸いくさび型をしています。アーモンド型でクリッと大きな目はアビシニアンから受け継いでいます。額から頬にかけてのラインはなだらかな線を描いたようです。ピンと立った大きな耳も印象的で、それぞれの耳は離れていて、付け根が広いカップ型をしています。

ソマリのサイズ(体重と体高)

ソマリの成猫の体重はオスが3~5kg、メスは2.5~4kgあります。また、体高は23~26cmあります。

ソマリの性格

甘えん坊で遊び好き

ソマリの性格は、アビシニアンから受け継いでいます。基本的によく人に懐くため、しつけがしやすく、飼い主が愛情をかけるほどに応えてくれます。

また、甘えるのが大好きで、成長しても子猫のころと変わらず甘えん坊で、飼い主にくっついて過ごすのを好みます。運動量が多く遊ぶのも大好きです。

神経質で用心深い一面も

その一方で、ソマリには神経質で用心深い一面もあります。知らない人や犬などに警戒心を露にすることがあり、新しい環境に慣れるのに時間がかかります。

大きな音に敏感に反応し、人の話し声がうるさかったり、車や掃除機の音が大きかったりすると、ストレスを感じてしまいます。ほかにも狭い部屋に入れられると不機嫌になることがあります。

ソマリの毛色

ソマリの毛色と飼い方
ソマリの毛色は、ルディー、レッド、ブルー、フォーンの4色が基本です。シルバーもありますが「CFA(アメリカ猫愛好家協会)」では認めていません。アビシニアンと同じく縞模様もあります。

ソマリの飼い方

一緒に過ごす時間を十分に確保する

ソマリは甘えるのが大好きですが、神経質でさびしがり屋なので、飼い主に構ってもらえないとイライラしてストレスが溜まってしまいます。

神経質な一面は、飼い主が愛情をもって接するうちに少しずつなくなっていきます。一緒に過ごす時間を十分に確保して、たくさん甘えさせてあげましょう。

仕事で毎日のように家を空ける方は、出かける前に10分でもいいので一緒に過ごす時間を作りましょう。そして、帰宅したら真っ先に猫の元へ行き、抱き上げたり膝に乗せたりして、たくさん愛情を注いでください。

たくさん運動できる環境を用意する

遊ぶのが大好きなソマリを飼うなら、室内でもたくさん運動ができる環境を用意しましょう。ソマリは上下運動を特に好みますから、天井まで届く高さのキャットタワーを配置するといいでしょう。

昼に十分な運動ができないと、夜になって暴れまわったり、家人が寝ている間にゴミを引っ張り出したりなどのいたずらをしてしまいます。昼の間にたくさん運動させて、ストレスを発散させることが大切です。

ブラッシングは1日1回

ソマリは、抜け毛が多く毛玉ができやすいので、小まめな被毛の手入れが欠かせません。ブラッシングは1日1回、毛の多い首周りと尻尾を重点的にブラシを通し、コームでていねいに整えましょう。

ソマリのかかりやすい病気

ソマリのかかりやすい病気と平均寿命
ソマリは、アビシニアンと同じ遺伝性疾患にかかりやすいとされています。以下に挙げる3つは、アビシニアンに見られる疾患と同様です。

重症筋無力症

そのため、足の筋肉に力が入らなくなる「重症筋無力症」を発症することがあります。遺伝性疾患のため予防は困難ですが、発症した場合は投薬と食事療法によって症状を軽減することが可能です。

進行性網膜萎縮症

「進行性網膜萎縮症」は網膜の機能が衰えて、重症化すると失明する恐ろしい病気です。

ピルビン酸キナーゼ欠損症

「ピルビン酸キナーゼ欠損症」は、赤血球上で代謝に関係しているピルビン酸キナーゼという酵素が不足することで、赤血球が破壊されて貧血に陥る病気です。

ソマリの平均寿命

ソマリの平均寿命は、10~15年とされています。日本で猫の平均寿命は約15年ですから、健康管理をしっかり行えば同じくらい長生きします。

ソマリの価格相場

ソマリの子猫の平均価格は約19万円です。

ソマリの飼っている有名人

ソマリはファッションモデルで女優の水原希子、ファッションモデルでタレントのダレノガレ明美といった有名人が飼っています。

tags